【フェア】新しい年、美しい道具

文具
文具売場 2019年12月26日(木) - 01月26日(日)
新年の食卓をより美味しく上質なものにする、美しいカトラリーやお椀たち。

銘木から一本一本作られるお箸や刀鍛冶が生み出すカトラリー、ろくろ挽きの職人が丁寧に挽いたお椀など、彫刻のような造形美と高い実用性を兼ね備えたものたちが並びます。
高級木材である黒檀やスネークウッドの中でも選び抜かれた希少材を用いたお箸と、日本刀の素材である「玉鋼」から鍛造されたカトラリーセットは今回特別に展開され一見の価値ありです。

食べるための究極の道具をお楽しみください。

[MARUNAO]
燕三条で銘木を用いたお箸を中心に製作しています。
1939年に大工道具のひとつである坪車の生産を起源とし、彫刻の伝統技術を用いてモノ作りを行っています。 2003年より「新たな時代の新たな道具を創造する」ことコンセプトに箸の生産を開始。
黒檀や紫檀といった希少材の加工に長ける職人を擁し、素材を生かしてデザインと機能を両立させた製品を生み出しています。
 
[淺野鍛冶屋]
室町時代から続く、岐阜県関市が誇る刀鍛治の業。二十五代藤原兼房の元で修行し、2004年に創業。2012年、フランスでの日本刀公開鍛錬を皮切りに国内外から招聘され、世界各地の鍛冶職人・学芸員・研究家との交流の中でその鍛治技術を現在も磨き続けています。
 
[我戸幹男商店]
1908年にろくろの町、山中温泉にて我戸木工所として創業。
その木地師の意思を受け継ぎ、天然の素材が生み出す美しい木目、木地師が一つ一つ丁寧に挽き上げた木地の完成度を重んじ、透明感のある拭漆を用いて豪快に木目を見せる器を作っています。
伝統的な山中漆器の高い技術を生かした実用性、和の美意識に基づいた高い芸術性を追求し、ながく愛される漆器づくりを目指しています。
 
  • 会期 2019年12月26日(木) - 2020年01月26日(日)
  • 時間 10:00~22:30(営業時間)
  • 場所 文具売場
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト