【フェア】福を呼ぶ、お正月の縁起飾り

文具
文具売場 2020年12月26日(土) - 01月28日(木)
2021年の干支「丑」は古くから食牛や乳牛、耕牛と呼ばれ酪農や農業で人々を助けてくれる存在として重要な生き物でした。大変な農業を地道に最後まで手伝ってくれる様子から、丑年は「我慢(耐える)」や「発展の前振れ(芽が出る)」を表す年になると言われています。
 
そんな丑年を迎えるのに相応しい、縁起の良いお正月飾りを沢山ご用意しました。キラキラ輝くビーズやガラスの飾り物、つまみ細工が施されたちりめんの飾りものたちは、福を呼び寄せるだけでなく、見る人の心も幸せな気持ちで満たしてくれるような輝きを放っています。
良い1年になりますようにそんな願いを込めて、縁起の良い飾りものを飾って新しい年を迎えましょう。
 
夢み屋
「小さな幸せ」をコンセプトに、ワクワクと心が踊ったりホッと気持ちが安らいだりするようなモノ作りを通して夢のある暮らしや空間を創るお手伝いをしています。“もの作り"の喜びを感じ、また自分たちも楽しむものづくりを行うことで、とても素敵な物を製作しています。ほんのすこしでも、癒されたり、楽しんで頂ける、物を作り続けます。
 
ちばのぶよ
兵庫県出身、米国ラスベガス在住のスワロフスキークリスタルで作るオトナ可愛いビーズモチーフとアクセサリーを作るビーズ作家。花や果物、小動物などをモチーフにしたリアルだけどかわいい作風が人気。20代の頃 海外旅行添乗員として訪れたオーストリアやチェコでガラスやクリスタルのアクセサリーに魅了され製作活動を開始。日、米、中での著書の出版、アメリカや中国、韓国での雑誌掲載など、活動は多岐にわたります。
 
野口硝子
FUSION FACTORYはガラス工芸家ノグチミエコが主催する吹きガラスの工房とギャラリーで、2004年神奈川県藤沢市にオープンしました。工房名FUSION FACTORYは解けて膨らむガラスとその素材を介して繋がる人とのコミュニケーションを目指して名付けられました。ガラスの透明性や固体性を使って、空気や水、空間といった比物体的存在をオブジェ化し、アートとしても神秘的で素晴らしい作品となっています。
 
Studio  GALA
人々の暮らしは自然と深く関わり、季節感に溢れた文化を育んできました。私たちは日本の各地で受け継がれてきた、素材に対する洗練された感性と熟練の職人が生み出す清浄感のある物作りに、現代の人々が新たな価値を見出せる商品作りを目指して来ました。機能性と快適性という価値だけではない豊かさ。それは五感に静かに語りかける日本の文化に根ざした物たちです。
 
[オンラインストアお取り扱い商品]
 

ちばのぶよ 干支 とり
▶PayPayモール
▶T-SITEショッピング

夢み屋 干支 金運 辛丑
▶PayPayモール
▶T-SITEショッピング

野口硝子 ガラス白うし 夫婦
▶PayPayモール
▶T-SITEショッピング
 
\その他、商品一覧はこちら/
 

 
  • 会期 2020年12月26日(土) - 2020年01月28日(木)
  • 時間 10:00~20:30(営業時間)
  • 場所 文具売場
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト