【フェア】銀座 蔦屋書店-春のうつわ展

文具
2022年02月07日(月) - 03月07日(月)
「銀座 蔦屋書店-春のうつわ」を2⽉7⽇(⽉)から3⽉7⽇(⽉)の期間に店頭にて開催いたします。
 
⼈気作家の作品が数多くならぶ銀座 蔦屋書店の陶器フェア。今回はボタニカル柄や動物モチーフの春らしい⾊合いのお⽫やマグカップなど、⾷卓・リビングを華やかに彩る器作品をご紹介します。
前川わとさんの作品や⼩⽥陶器の作品など初出店の作品も含め、花器や⾷器や陶ブローチまで数多くの作品が店頭にならびます。お気に⼊りの作品を⾒つけて春のリラックスタイムをお楽しみください。
 
温もりを感じる作品を益⼦で製陶する器作家:今井律湖
 
今井律湖さんはイギリスでも製陶を学んおり、現在は栃⽊県益⼦町で作品を製作しています。今回は染めつけの作品や独特な動物柄の象嵌⽫(※)、使いやすい⼩⽫、優しい⾊合いのティーポットなど⽇常的に活躍しそうな作品を数多く展開します。
※象嵌(ぞうがん):⼀つの素材に異質の素材を嵌め込む⼯芸技法。
 
釉薬の彩りをたのしむ作品:降幡未来
 
降幡未来(ふるはたみき)さんは⻑野で製陶している器作家です。独特な⾃作の釉薬の優しい⾊合いや垂れ⽅が魅⼒的です。可愛らしいパステルカラーの⿃がモチーフの⼀輪挿しなど、新⽣活にカラフルな⾊どりを与える作品です。
 
 
練り込みによる質感を楽しめる作品:坂下花⼦
 
益⼦で製陶している坂下花⼦さんの作品は、カラフルな⾊の粘⼟を練り合わせて模様を作る「練り込み」という技法を活かし、マーブルやストライプ、チェックなどの柄を施しています。マットな質感や⾊の濃淡、柄を堪能できる作品です。
 
 
暮らしを豊かにする器:前川わと
 
前川わとさんは富⼭県在住の陶芸家で、四季を感じ暮らしを豊かにする作品を製作されています。今回はお花の形のお⽫や、和菓⼦を連想させる可愛らしい蓋物を紹介します。
 
 
森を連想させる作品:灯々舎
 
灯々舎はろうを使って原型を作り、ろうそく制作を流⽤した技法で陶箱や陶ブローチを作っています。⼿描きで施された絵付けがとても可愛らしい雰囲気で⼈気の作品です。今回は春らしい⾊合いの花柄や⼩⿃、動物などをモチーフにした作品を取り扱います。
 
 
 
現代の暮らしに寄り添う器:⼩⽥陶器
 
⼩⽥陶器は岐⾩県瑞浪市、美濃の地で⼤正10年に創業しました。今回は、どんなインテリアにも合う取り⼊れやすい花⾊シリーズの花器をメインに紹介します。モダンな形や⾊合いが魅⼒的な作品です。
 
 
販売について
 
銀座 蔦屋書店店頭にて2⽉7⽇(⽉)10時30分より販売開始いたします。
 
※今後の国・地⽅⾃治体から休業要請内容の変更等があった場合、それに準じてフェアの期間なども変更になる可能性が  ございます。変更がある場合は、銀座    蔦屋書店のHP、公式SNSなどにてお知らせいたしますので、あらかじめご了承ください。
 
  • 期間 2022年2⽉7⽇(⽉)〜3⽉7⽇(⽉) ※作品が完売次第終了いたします。
  • 時間 当店Webサイトをご確認ください。
  • 会場 銀座 蔦屋書店 ⽂具売場
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • お問い合わせ 03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト