【フェア】輝き:見つめたくなる切子

文具
文具売場 2019年07月12日(金) - 08月19日(月)
切子、何度も見つめたくなる日本の伝統の工芸。今年は見めたくなる、手に取りたくなる、使いたくなる切子を作っている二人の作家さんの作品をご紹介します。
優しい色のグラデーション、鋭い柄の変化、是非文具売場で切子の深さと美しさをゆっくり味わってください。
 
【安田ガラス工房】
現在「大阪切子」の作家として活躍する安田公子さん。
関西大学卒業後、2006年切子ガラス工芸研究所たくみ工房入社。2017年大阪市天王寺区に切子工房を設立する。第17回新美工芸会展 大阪市市長賞、第43回日本伝統工芸近畿展 大阪府教育委員会賞、その他受賞。
水を注ぐと柄が現れる切子、優しい色のグラデーションを楽しめる切子を展開しています。
 
【Shin glass】
2015年に兵庫県丹波市にてShin glassを設立した石田慎さん。
2006年に弟子入りし江戸切子を学び分業では自分の作りたい物ができないと思い吹きガラスを学び、東京で約10年修業。2017年大阪工芸展 大阪府知事賞、日本伝統工芸近畿展、2018大阪工芸展 美術工芸大賞、その他受賞。
吹きガラスと切子の技法を両方使い、目が離せないゴージャスな色合いと万華鏡のような柄が美しい作品を作っています。
  • 会期 2019年07月12日(金) - 2019年08月19日(月)
  • 時間 10:00~22:30(営業時間)
  • 場所 文具売場
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト