イベントスペース

【イベント】『PIHOTEK ピヒュッティ-北極を風と歩く-』刊行記念トークイベント

特別イベント
枚方T-SITE 4F カフェスペース 2022年 09月23日(金)
 

【北極冒険家・荻田泰永と作家・井上奈奈による絵本『PIHOTEK ピヒュッティ-北極を風と歩く-』刊行記念トークイベント】

 

世界有数の北極冒険キャリアを持ち、2018年には植村直己冒険賞を受賞するなど、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」である荻田泰永。
そして、武蔵野美術大学を卒業後、国内外での個展、アートフェアにて作品発表行い、2018年には「世界で最も美しい本」コンクール銀賞を受賞した作家の井上奈奈。

この度、この二人の異色のコラボレーションにより生まれた絵本『PIHOTEK ピヒュッティ-北極を風と歩く-』(講談社)の刊行を記念したトークイベントを開催します。
これまでどんな冒険をしてきたのか、そしてどんな絵本を作ってきたのか。
 
『PIHOTEK』の制作工程も含め、デザイナーの阪口玄信を交えてトークを展開。
本を作るという冒険について、冒険と芸術の共通点、なぜ、北極の話を絵本にしようと思ったのか、など書籍にまつわる貴重なエピソードについても語ります。
 
【登壇者プロフィール】
・荻田泰永(おぎたやすなが)/北極冒険家
 
2000年よりカナダ北極圏やグリーンランド、北極海を中心に主に単独徒歩による冒険行を実施。
2019年までの20年間に16回の北極行を経験し、北極圏各地をおよそ10,000km以上移動。
世界有数の北極冒険キャリアを持ち、国内外のメディアからも注目される日本唯一の「北極冒険家」
2018年南極点無補給単独徒歩到達に成功(日本人初)第22回植村直己冒険賞受賞
2021年5月 神奈川県大和市に「冒険研究所書店」開業
著書:「北極男」講談社(2013年11月)

・井上奈奈(いのうえなな)/作家・画家
 
16歳のとき単身アメリカへ留学、美術を学ぶ。武蔵野美術大学卒業。
国内外での個展やアートフェアにて作品発表を続け、2017年には著作の絵本『ウラオモテヤマネコ』『くままでのおさらい』の二作品が舞台化。
2018年、絵本『くままでのおさらい』特装版がドイツライプツィヒにて開催された『世界で最も美しい本コンクール』にて銀賞を受賞。
2022年、初の作品集となる『 星に絵本を繋ぐ 』を刊行。
代表作/『猫のミーラ』『せかいねこのひ』『さいごのぞう』など
 
・阪口玄信(さかぐちはるのぶ) /グラフィックデザイナー
大阪府出身。
ondoデザイン室所属。グラフィック・エディトリアルデザインを中心に様々な案件のデザインやアートディレクションを手がける。
 
※今後の国・地方自治体から休業陽性内容の変更等があった場合、それに準じてイベント内容が変更、中止になる可能性がございます。変更がある場合はお申込みいただいたお客様宛にご連絡いたします。あらかじめご了承ください。
 
トークイベントは完全予約制です。
こちら よりご予約ください。
 
【参加費】 
1,500円

 
【『PIHOTEK ピヒュッティ-北極を風と歩く-』刊行記念フェア】
 
『PIHOTEK  ピヒュッティ-北極を風と歩く-』は、PANTONE社の特色4色のみで表現された特別な絵本。
絵本の中では銀世界であるはずの北極が目にも鮮やかな色どりで描かれています。
本フェアでは、絵本のモデルにもなっている極地冒険で実際に使われた貴重なソリを1階エントランスで展示と2階のカフェスペースにて絵本のスケッチを展示します。
また、今回の絵本の刊行に合わせて制作されたかまわぬの手ぬぐいと、荻田泰永氏が開業した「冒険研究所書店」で扱っているグッズの販売も行います。
 
期間:2022年9月21日(水)~10月6日(木)
会場:枚方 蔦屋書店 2階ラウンジスペース
主催 :枚方 蔦屋書店
参加費・予約:不要
お問い合わせ:072-844-9000(営業時間内)
 
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト