【フェア】奈良 蔦屋書店 シド・ミード回顧展2020 SYD MEAD RETROSPECTIVE 2020

フェア
2F 天平ギャラリー 2020年11月25日(水) - 12月08日(火)
数多くのSF映画や世界中のクリエイターに影響を与え続けるヴィジュアル・フュ―チャリスト、シド・ミード。
「シド・ミード展PROGRESSIONS TYO 2019」のキュレーターが日本に遺された氏のデザインを初セレクション。
シド・ミードが描いた「未来」を振り返る回顧展を没後一周忌を機に、個人蔵を中心に奈良で特別公開いたします。
 
協力:
Syd Mead Inc. & Roger Servick
タイガー魔法瓶
John A. Frye
Rob Baldwin
玄光社
Skyfall
さかさうま工房
道馬軒
おかる
B WORKs PHOTOGRAPHY
 
©️Syd Mead Inc.
 
©️Syd Mead Inc.  
 
Syd Mead (1933-2019)
FORDアドバンスド・スタイリング・オフィスでコンセプトカーを手掛けた後、1961年からU.S.STEEL社のカタログを皮切りにイラストレーター、工業デザイナーとして先駆的な未来を描く。映画「トロン」と「ブレードランナー」を同時に手掛け話題となりその後、一流映画監督らがこぞってデザインを依頼するハリウッドデザイン界のステイタスシンボルとなる。’81年より深い関わりを持った日本では述べ120ものプロジェクトに携わり、その生涯で手掛けた総数2600個目をカウントした昨春の「シド・ミード展PROGRESSIONS TYO 2019」を集大成として見届け、昨年12月30日に逝去。
 
 
【トークイベント】 シド・ミードが描いた未来
 
11月28日(土) 11:30~12:30
 
公私ともに親交が深かった「シド・ミード展」キュレーターが、氏の関西でのプロジェクト活動や過去のデザインを交えながら、最近の発見やリリース動向、アプリ開発、氏と奈良との関わりなどをご紹介。SNSや録音などカタチに残さないことを条件に、奈良 蔦屋書店さんだけでお話しいたします。 
                                              松井博司
 

申込み:  Twitter・InstagramのDMにて @sydmode まで。

定員:20名様

参加費:1,500円

 

※受付時 用紙記入の内容

見たい聞きたい知りたいこと、探し物などのご質問。今後のリクエスト、欲しいグッズ。シド・ミードのスタジオへの要望やメッセージなど。

可能なら 年齢/性別/ご職業

シド・ミード キュレーター

松井博司

 

2からシド・ミードと文通を始め'89年から氏のほぼ全ての来日に同行。SONYピクチャーズ AXNBSディズニーで予告編のプロデュース。画集「MOVIE ART」で翻訳監修し、昨年のシド・ミード展でキュレーターを担当。2014年より奈良在住。今後のアーカイヴに関わりながら、シド・ミード常設展を行う大宮町「吟 」の唎酒師、オーナーシェフ。

 

イベント案内ページ

https://store.tsite.jp/nara/event/shop/17087-1421551112.html

 

 

  • 会期 2020年11月25日(水)~12月8日(火)
  • 時間 営業時間の通り
  • 場所 2F 天平ギャラリー
  • 主催 奈良 蔦屋書店
  • 協力 松井博司
  • 問い合わせ先 奈良 蔦屋書店 0742-35-0600

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト