【フェア】INCENSE KITCHEN 『いとをかし香』

くらし|フェア・展示
1F 暮らしコーナー 2022年06月17日(金) - 07月31日(日)
心解きほぐす抹茶の香り『いとをかし香』

京都・宇治は古くからお茶どころとして知られ、宇治茶は高級抹茶の代名詞とされています。そのふくよかな香りと深く鮮やかな緑を、伝統的なお茶菓子の木型に閉じ込めた『いとをかし香』。まるでお菓子のような可愛らしさに、宇治抹茶が香り立つユニークなお香です。 このたびのフェアでは、お香とともに、香炉、ミニチュア枯山水のセットもご紹介します。美しい姿、かぐわしい香りをご堪能ください。
 
■香りの原料は抹茶だけ
INCENSE KITCHEN(インセンス キッチン)は、宇治を訪れるひとに「宇治らしく思い出に残る体験をしてほしい」との思いから、抹茶をお香粉末に混ぜて粘土状にし、それを宇治にちなんだ物や景色をかたどった木型で型抜きする体験を開催しています。そして、その見た目もまるで”お菓子の様な”お香を『いとをかし香』と名付け、製品化。 お香を楽しむためのオリジナル商品も同時に開発・販売しています。
「いとをかし香」は印香の一種で、温めることにより煙もなく、お茶本来の香りをお楽しみいただけます。抹茶の風味を損なわないよう、大量生産はしていません。INCENSE KITCHENの工房で、全行程一つ一つ手作業で作られています。日常のリラックスのために、ご自宅にお客様をお迎えする時のおもてなしに。また、大切な方へのお祝いやお土産にもおすすめです。
 
 
 
 
■INCENSE KITCHENの取り組み
2018年より『いとをかし香・抹茶』を制作。2020年より「宇治で抹茶のお香づくり」体験を開催。
店主の地元・宇治の特産品である抹茶の製造過程で出る規格外のものを“サステナブル抹茶”としてお香の原料にアップサイクルし、制作販売を行っています。
日本古来の伝統文様を模したお菓子のようなお香として、“サステナブル抹茶”を美しい工芸品にまで昇華させたことが認められ、2021年にはJETRO主催COOL JAPAN海外販路開拓事業「TAKUMI NEXT 2021」に選定されています。
【INCENSE KITCHEN】
HP:http://incensekitchen.com/
Instagram:incensekitchen
  • 会期 2022年6月17日(金) ~ 07月31日(日)
  • 時間 8:00~23:00
  • 場所 1F 暮らしコーナー
  • 主催 奈良 蔦屋書店
  • 共催 INCENSE KITCHEN
  • 問い合わせ先 0742-35-0600(奈良 蔦屋書店)
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト