【本のBATON Vol.8】心の栄養本~勇気やヒントを与えてくれる本~|アートコンシェルジュ 松島

 心の栄養本~勇気やヒントを与えてくれる本~
 
本のジャンルは違えども本を読んだ瞬間に気持ちがスッと楽になったり、前向きになれたり、清々しくなったり!閉塞感のある今、新しい第一歩が踏み出せる心の準備をしませんか?
勇気やヒントを貰える一文がきっとあなたに良い風を送ってくれる筈です。
 
『一流の女(ひと)が私だけに教えてくれたこと』 森 綾/著 マガジンハウス
 
さまざまな分野で活躍する著名人、延べ2千人以上の方々をインタビューした著者が感動した生き方や考え方、素敵な言葉を集めた一冊。『自分で道を選び取ってきた女性たちの言葉には、はっと目の前が開けるような思いがすることがありました』と綴っています。唯一無二の一流のひと、その芯にあるもの、秘めたものなどなど。成功者の言葉には性別は関係ありませんので男性の方にも読んで頂きたい1冊です!
 
『自分で「始めた」女たち』 グレース・ボニー/著 海と月社
 
海外のビジネスイベントや本に登場する女性起業家は何故か若い白人ばかりですが、実際には有色人種の女性やLGBTの方々も大活躍されています。個性的で才能溢れる女性たちの成功に至るまでに気づいた教訓やモットーは、等身大で生きた言葉が素直に自分に響きます。また、彼女達の顔写真と部屋が掲載されているのですが、どのお部屋も素晴らしいセンスで飾られ、鑑賞するのもとても楽しいです。
『ビジネスの限界はアートで超えろ!』 増村岳史/著 ディスカヴァー・トゥエンティワン
 
かの有名な岡本太郎の『芸術は爆発だ!』ですが、背景を知らない人は??かもしれませんが、岡本太郎は芸術を爆発させるためのロジックを持っていました。アートは感覚だと思っている方がまだまだ多いですが、アートはロジックです。アートが好きな人も苦手な人もこの本を読めばアートシンキングを持つだけで意外に未来が開けることに気づく興味深い書籍です。
 
『ミナペルホネン/皆川明 つづく』 ミナ ペルホネン/著 青幻社
 
最初は規模の小さいブランドだったミナペルホネンは紆余曲折を経て今年25周年を迎えました。原画や挿絵、工場やアトリエなどものづくりの現場、皆川明さん自身の言葉が収録され、ものづくりへの拘りなど考え方のヒントになる言葉が散りばめられています。アート的な観点から言えば上田義彦、瀧本幹也の写真集として、葛西薫のデザインブックとして、お部屋のインテリアとしてマストバイの一冊です。
 
『みんなの映画100選』 鍵和田 啓介/著 オークラ出版
 
永久保存版!映画に出てくる心を打つ名シーン&セリフ集です。ただ、この本に収録されている名シーンは意外にも『ここを切り取るのか?』と思える新しい感覚ですが『良い言葉だな』としみじみ思えます。そのシーンを足が掛かりに名作を視聴しては如何でしょうか?時代を経てもタイムレスに輝く名作には理由ががあります。長場雄さんのイラスト作品集としても大満足の一冊です!
 
 
プロフィール:アートコンシェルジュ 松島
大阪生まれ。幼い頃から親に連れられ美術館巡りを重ね、気が付けば無類のアート好きに。親のコネで最初の就職はしたものの、ご縁があってギャラリストに収まっていましたが、出張が多く移動のお供はいつも書籍でした。気が付けば月に10冊は完読する本好きに。画集や写真集はもとよりビジネス書も沢山読みました。澁澤龍彦の『フローラ逍遥』と出会ったときに装丁の美しさ、美しい植物図譜、その図譜に添えられる心をそそる文章、何もかもが素敵で感動しました!作品集はどれもこれも良いですが、ギャラリスト時代に沢山の本物に触れた結果、最初に手に入れたのは『ホックニー』です。マイブームは『ソウルライター』彼の写真には人生が感じられ郷愁を誘います。元画家で写真家で人生を終えた生き方はとても興味深い。
 
コンシェルジュをもっと知りたい方はこちら:梅田 蔦屋書店のコンシェルジュたち

「本のBATON」は梅田 蔦屋書店コンシェルジュによる書籍・雑貨の紹介リレーです!
8個目のバトンはアートコンシェルジュがお送りしました。
次のバトンもお楽しみにお待ちください。
 
 
ご感想はこちらまで:umeda_event@ccc.co.jp
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト