【コンシェルジュのコラム】あなたに向けて作られた雑誌|雑誌コンシェルジュ 久住

梅田 蔦屋書店にはそれぞれの分野に特化した知識をもったコンシェルジュや売場担当者がたくさんいます。担当するジャンルについてはもちろん、本のこと、日々のこと、それにも当てはまらない❝まさか❞のことまで、一人ひとりの個性を大切にしながら紡ぐ、コラムのコーナーです。第十回目は雑誌コンシェルジュ久住がお送りします。
 
 
あなたに向けて作られた雑誌
 
 

家でのんびりしながら、雑誌を読むこと。これが私にとって、最高の休日の過ごし方です。先日手にしたのは、『UNION』(ユニオン)の16号。

この『UNION』は、ファッション雑誌などで活躍中のスタイリスト、Hiroyuki Kuboさんと百々千晴さんが立ち上げた雑誌です。百々さんの「ファッションとカルチャーを視覚的に楽しめて、見る人の想像を掻き立てるような雑誌を作りたい。」という想いから2012年に誕生した、美しい写真がメインの雑誌です。
また”美しさは常にタイムレス”という考え方をコンセプトにしており、創刊当時から世界中のアーティストとコラボレーションし、日本だけでなく海外でも販売されています。そのためテキストも英語(創刊当時はバイリンガル)で、これも「SNSのように、世界共通になりえる雑誌を提供したい。」という想いからです。

常に美しさを追求し、世界中に発信をし続けて来た『UNION』。
今年発売された待望の最新号では、10名のフォトグラファーによるパーソナルワークのみで構成されています。 ページをめくるたびに、思わずため息が出てしまうような美しい写真の数々。毎回、新たな作品との出会いに感動しています。 一冊で、ここまでたくさんのフォトグラファーの作品を楽しむことが出来るのも、雑誌ならではだと思います。

この『UNION』の他にも、毎日たくさんの雑誌が発売されています。 日々売場作りをしながら、数多くの雑誌を目にしていて改めて思うのは、作り手たちは、自分達の伝えたい想いを、試行錯誤しながら”雑誌”というカタチで読者に届けているということです。

今回ご紹介した『UNION』も、現在までに何度も装丁やロゴが変化しながら、さらにより良いものへとリニューアルされていきました。 また、毎月発売されるファッション誌であれば、同じブランドの同じアイテムが掲載されていることも多々あります。それでも、そのアイテムが、雑誌によって全く違った表情を見せるのは、それぞれの雑誌の読者に向けた提案の仕方になっているからです。

編集者やスタイリスト、フォトグラファーなど、数多くの人が関わり、時間をかけて作られた誌面は、大勢の誰かに向けられているのではなく、その雑誌を楽しみにしている、”あなた”に向けて作られているのだと強く感じます。 是非、ひとつの雑誌が変化していく過程や、それぞれの雑誌の違いなども含めて、楽しんで頂ければと思います。

 


PROFILE|雑誌コンシェルジュ 久住
1989年生まれ。徳島県出身。大学を機に大阪に在住。小学校低学年の時に近所に大きな書店が出来て以降、約6年間、ほぼ毎日その書店に通うようになる。またファッション・映画・音楽・建築・デザイン等、気になることは全て雑誌から情報を得る中で、自然と雑誌や雑誌に掲載されている広告の面白さや魅力に惹かれ、夢中になる。大学ではメディア情報系を専攻し、卒業後は広告会社で勤務。そこでも雑誌からは離れられず、同僚や上司に自分で購入をした雑誌を紹介する日々を送る。当時、雑誌に掲載された写真の写真家を調べている中で、蔦屋書店や雑誌コンシェルジュの存在を知り、広告会社を退職。他の書店で勤務後、現在に至る。
 
今回ご紹介した書籍
『UNION #16』
 
ご感想はこちらまで:umeda_event@ccc.co.jp
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト