【フェア】Fat Lava & Garman Art Pottery

アート
梅田蔦屋書店 コンシェルジュカウンター 2021年01月23日(土) - 01月31日(日)

「Fat Lava」「West German Art Pottery」とは、主に1949年から1990年までの期間に西ドイツで生産された陶器のことです。

「Fat Lava」は、溶岩が流れているようなディティールや、情熱的なマグマのような真っ赤なカラー、はたまた冷えて固まった溶岩のようなザラっとしたテクスチャが特徴の力強く美しい芸術陶器です。

 

この度、Fat Lavaコレクターたちの間でバイブルと呼ばれている『Fat Lava :West German Ceramics of the 1960s & 70s 』の日本語版が発売されるのに合わせ、当店にて書籍とフラワーベースなどの陶器作品の展示販売フェアを開催いたします。

すでにFat Lavaファンの方も、Fat Lavaに初めて出会う方も是非その魅力に触れてみてください。

 

 

『Fat Lava :West German Ceramics of the 1960s & 70s Japanese Edition』
価格:5,940円(税込)  出版社:kiis

 

このたび、Fat Lavaコレクターたちの間でバイブルと呼ばれている英語版の原書を翻訳し、日本版として発売させて頂きます。これは、日本でFat Lavaについて言及する最初の書籍です。Fat Lavaの由来、当時の時代背景、Fat Lavaを生産していたメーカーについて、など充実した内容です。
Fat Lavaやドイツのヴィンテージ陶器のファンは世界中にいます。20年近く集め続けて1000点以上保有する方も相当数居られるコレクターズアイテムです。
近年、日本でもブームの兆しが垣間見えるようになりました。この本は日本語版を待望してくださっていたコレクターの方々はもとより、花器やインテリアに興味のある方や、「Fat Lavaって何?」という方まで一様にご満足頂ける一冊となっております。

 

 

kiis

2014年設立。錫や真鍮を用いたテーブルウェアやアクセサリーの制作と販売をする傍ら、制作の勉強のために渡独した際にFat Lavaに出会う。Fat Lava始めドイツのヴィンテージポタリーに対して、表現の自由と豊かさ・美しさに感銘を受け、以降日本においての普及活動に勤しむ。
2019年より『Fat Lava & German Art Pottery』を開始。2020年より大阪市北区にて店舗を構える。

http://www.fatlava.net/

 

  • 会期 2021年1月23日(火)〜2021年1月31日(日)
  • 時間 11:00〜19:00
  • 場所 梅田蔦屋書店 コンシェルジュカウンター
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 共催・協力 kiis
  • 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp | 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
  • ホームページ http://www.fatlava.net/
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト