【フェア】マルティナさんのしあわせを作る
Opal毛糸フェア

美と健康
梅田 蔦屋書店 手芸のコーナー 2019年10月01日(火) - 02月29日(土)
『しあわせを編む魔法の毛糸』の著者、梅村 マルティナさんの故郷ドイツ生まれの毛糸・Opal、今年も梅田 蔦屋書店の手芸のコーナーで展開しています。
 
東日本大震災があった時、マルティナさんは毛糸二玉と輪針、そして腹巻帽子の編み方説明書をセットにしたものを、いくつかの避難所に届けてもらいました。
 
避難所からお礼のお手紙が来て、気仙沼の人達と触れ合ったことをきっかけに、2012年3月、気仙沼に
「梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ」という毛糸製品の製造・販売会社を設立しました。
 
気仙沼FSアトリエの"FS" とは「Friedenssocken」=平和の靴下という意味。
 
気仙沼からお届けする毛糸とニットにふれていただくことで、みんながしあわせに・・・という願いを込めて、一歩一歩前に進んでいます。
 
そんなマルティナさんの思いがこもったKFS‐Opal毛糸は、期間限定で梅田 蔦屋書店で出会えます。
 
取扱いシリーズ例
・オリジナルシリーズ
・気仙沼シリーズ
・家族の笑顔シリーズ
・KFSセレクション
・KFSぽっちゃり君シリーズ
・Opalレリーフ

その他Opal毛糸のニット製品や編針も取扱いしています。
  • 会期 2019年10月01日(火)~2020年02月29日(土)
  • 時間 7:00~23:00
  • 場所 梅田 蔦屋書店 手芸のコーナー
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 共催・協力 梅村マルティナ気仙沼FSアトリエ株式会社
  • 問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
  • ホームページ https://kfsamimono.com/
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト