【フェア】WSC(ワークスタイルカレッジ)第10講「原点回帰」

ワークスタイル
梅田 蔦屋書店 ワークスタイルエリア 2020年10月01日(木) - 01月31日(日)
 WSC第10講「原点回帰」を開講します。
 
社会が大きな変化を起こしている現在、ビジネスパーソンの皆様の不安が高まっている現状で経済活動や自身の働き方や生活を見つめ直す機会が増したのではないでしょうか。ビジネス書を通して物事の本質や原点、普遍性を学び直して今後の活動に前向きになる書籍をご提案します。
 
オンラインショッピングでも購入できます。

梅田 蔦屋書店 ワークスタイルコンシェルジュ 渡邉 速利
 
 
 
『insight(インサイト)』ターシャ・ユーリック/著 英治出版

ご購入はこちら

仕事での成果や良好な人間関係、そのカギは「自己認識」にある。しかし、多くの人は思い込みにとらわれ、自分の可能性を狭めてしまっている。ビジネス界でも活躍する組織心理学者が膨大な先行研究と自身の研究・実践から、自己認識の構造を理論的に解明し、思い込みを乗り越え、より深く自分を知るための方法を伝える。

 

『道徳感情論』アダム・スミス/著 日経BP

ご購入はこちら

経済学の父アダム・スミスと言えば、「神の見えざる手」と「利己心の追求」で有名な『国富論』。ところが、近年注目されているのが、他者への「共感」能力が人間本来の姿であり、それが社会の秩序と繁栄につながると説く本書。アダム・スミスの思想の原点はこちらと見られ、アフター・コロナの資本主義を考える必読書だ。

 

『BEYOND SMART LIFE 好奇心が駆動する社会』日立京大ラボ 日本経済新聞出版

ご購入はこちら


京都大学と日立製作所により「ヒトと文化の理解に基づく基礎と学理の探究」のため設立された日立京大ラボが、人口減少やシンギュラリティといった社会的課題解決に、本源を問う「大学の知」がどのように役立つかを探索するユニークなプロジェクトの成果をまとめるもの。

 

『奴隷の哲学者エピクテトス 人生の授業』荻野弘之/かおり&ゆかり著 ダイヤモンド社

ご購入はこちら

時代を超えて人生の指針となり続ける、古代哲学者エピクテトスの教え。負の感情に振り回されないためにはどうすべきか?人間関係に思い悩まないための考え方とは?「他人に期待するより、まずは自分を変える」というその教えは、仕事や日常生活で生きづらさを感じている、多くの現代人に伝えたい哲学の原点である。

 

『仮説思考』内田 和成/著 東洋経済新報社

ご購入はこちら

ビジネス上での”仮説”の重要性を説く本は多いが、トップコンサルタントとしての実力から裏付けられた著者の言葉には説得力、腹落ち感が違う。情報洪水に流されることなく、問題を本質を素早く発見し、解決策に導く普遍的なノウハウが凝縮されている。

 

 

その他の書籍は全てオンラインショップでも購入いただけます。

 

  • 会期 2020年10月01日(木)~2021年01月31日(日)
  • 時間 10:00~22:00
  • 場所 梅田 蔦屋書店 ワークスタイルエリア
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト