【フェア】ワークスタイルカレッジ(WSC) 第22講「ビジネス書で学び直し」

ワークスタイル
アトリウムエレベーター側 ワークスタイルコーナー 2023年02月01日(水) - 03月31日(金)

WSC(ワークスタイルカレッジ) 第22講「ビジネス書で学び直し」開講!

リスキリング(学び直し)とはデジタル分野で新たなスキルや技術を習得させることです。
今、持っているスキルに新たな知識や思考を取り入れ、変化の激しい世の中に順応できるために出版社5社選書のビジネス書で学び直しませんか。

フリーペーパーも用意しています。是非、手に取ってご覧ください。


ワークスタイル コンシェルジュ 渡邉 速利

 

【日経BP
『良い戦略、悪い戦略

著者:リチャード・P・ルメルト


 

目標、努力、ビジョン、価値観……曖昧な言葉で達成不可能な「悪い戦略」を立てていませんか?
「戦略の大家」と呼ばれる世界的権威が、豊富な企業事例から「良い戦略」を立てるための思考法と実行法を徹底解説!「日経の本」のロングセラーです!

 

【プレジデント社】
『成功はゴミ箱の中に

著者:レイ・A. クロック


 

だだっ広いアメリカ国内を車一つで営業をするレイ・クロック。
彼は何度も転職を重ねある日マクドナルド兄弟に知り合う。そこは今日世界でも一番のハンバーガーチェーンのもとになるドライブインだ。マクドナルドのフランチャイズチェーンの創業者となり成功を収めていく自伝はアメリカンドリームとしては逸話であり現代のサラリーマン経営者にぜひ読んでほしい。

 

【ダイヤモンド社】
『独学大全

著者:読書猿


 

本書はインターネットの知の巨人、読書猿による「独学のやり方」を完全網羅。
読書猿氏が独自に収集・開発した技法を凝縮しています。独学で何か学びなおそうと思った際、この本があれば他の独学本、勉強法の本は必要ございません!そんな究極の1冊ができました!!

 

【英治出版】
『解像度を上げる』

著者:馬田隆明

 

「ふわっとしている」「既視感がある」「ピンとこない」誰かにそう言われたら。言いたくなったら。
解像度が高い人は、どう情報を集め、なにを思考し、いかに行動しているのか。スタートアップの現場発、2021、22年SpeakerDeckで最も見られたスライドの書籍化。すべてのビジネスパーソンの実務に役立つ書。

 

【東洋経済新報社】
『仮説思考』

著者:内田和成

 

「仮説」が仕事の質とスピードを決める!
仮説思考とは物事を答えから考えること。良い結論を導くには、良い仮説を立てることが重要です。ボストン・コンサルティング・グループでの20年の経験から、コンサルタントの必修能力である「仮説思考」を解説。

  • 会期 2023年2月1日(水)〜2023年3月31日(金)
  • 時間 10:30〜21:00※営業時間は変更になる可能性がございます。
  • 場所 アトリウムエレベーター側 ワークスタイルコーナー
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp | 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト