【イベント】宇多喜代子 × 小澤實【平成の名句を語る】 『森へ』 × 『名句の所以 近現代俳句をじっくり読む』ダブル刊行記念トーク&サイン会

文学
梅田 蔦屋書店 4thラウンジ 2019年 04月13日(土)

俳句界の重鎮、宇多喜代子さんの第八句集『森へ』(青磁社)と、 現代俳句革新の旗手、
小澤實さんの俳句アンソロジー『名句の所以 近現代俳句をじっくり読む』(毎日新聞出版) の出版を記念して、トークイベントを開催します。

「平成」は、どんな名句を生みだしてきたのか。 
俳句の歴史において、平成はどんな時代だったのか。

常に俳壇の先頭に立って時代を切り拓いてきたお二人が、「平成の名句」をテーマに徹底談義。 
宇多喜代子さんの最新句集『森へ』をはじめとして、平成に生まれた名句、 これから名句に成長していくはずの若手の句までを取りあげ、
平成の俳句と、名句の本質について語り尽くします。

当日は 1時間半のトークイベントの後、30分のサイン会を予定しております。

 

【スケジュール】
16 : 30 開場 
17 : 00 ~ 18 : 30 トークイベント 
18 : 30 ~ 19 : 00 サイン会

 

【プロフィール】

宇多喜代子(うだ・きよこ
昭和10年 山口県生まれ。俳人。
俳誌「獅林」を経て「草苑」にて桂信子に師事。
現在「草樹」会員。現代俳句協会特別顧問。
句集に『りらの木』、『象』、『円心』など。
蛇笏賞、紫綬褒章、現代俳句大賞など受賞多数。

小澤實(おざわ・みのる)
昭和31年 長野県生まれ。俳人。信州大学在学中に連句を学び、俳句入門。成城大学大学院文学研究科博士課程単位取得退学。十五年間の「鷹」編集長を経て、2000年4月に俳句雑誌「澤」を創刊、主宰。句集に『砧』(牧羊社)・『立像』(角川書店、俳人協会新人賞)があるほか、2006年に第三句集の『瞬間』(角川書店)で讀賣文学賞詩歌俳句賞受賞。2008年、『俳句のはじまる場所』で第22回俳人協会評論賞受賞。俳人協会常務理事、讀賣新聞・東京新聞等の俳壇選者を務める。

 

【注意事項】

・お座席は自由席です。会場にお越しの順にお入りいただきます。 
・サイン会は、当店でご購入いただいた書籍に限らせていただきます。
〈イベント会場にて即売会もございます)
・会場でのご飲食は9Fでお買上の商品のみとさせていただいております。
・録音・録画はご遠慮頂いております。
・お客様ご都合によるキャンセルは承っておりません。予め御了承ください。
・本イベントはTポイント・ルクアポイントは対象外となります。

  • 会期 2019年04月13日(土)
  • 時間 17:00~19:00(開場16:30)
  • 場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
  • 参加費 1,500円(税込)
  • 申し込み方法 事前に当店予約フォームより申し込みいただき、当日受付にてお支払いください。(*お釣りの無いようお願い申し上げます)
  • 定員 80名
  • 講師/ゲスト 宇多喜代子さん、小澤實さん
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 共催・協力 青磁社/毎日新聞出版
  • 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp

イベントスケジュール

ご予約の際は以下の手順でお申込みください。
複数名のお申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

  • お申込み手順1

    以下のイベント一覧より、ご希望のイベントをクリックしてください。

  • お申込み手順2

    内容をご確認の上、「予約」ボタンをクリックし、必要事項を入力して、予約手続きを行ってください。

  • お申込み手順3

    予約完了メールが届いたら完了です。当日会場へお越しください。

※下記ボタンからカレンダーをご確認ください。

お申込みはこちら

※下記ボタンからカレンダーをご確認ください。

お申込みはこちら
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト