【イベント】千野帽子×千葉雅也 『物語は人生を救うのか』刊行記念トークイベント

人文
梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ 2019年 05月31日(金)
人生につける薬――それは物語である。
人間は物語る動物です。あらゆる出来事に必然性を見出し、意味づけることで世界を把握するという思考の枠組みをもっています。そして時にその行為は、私たち自身を苦しめることにもつながります。
世界で二冊目の「自分」啓発本である『物語は人生を救うのか』を5月に出版される千野帽子さんと、『勉強の哲学』の著者である千葉雅也さんをお迎えして、この新著について、さらには「物語は人生を救うのか」という命題に関してお二人に語り合っていただく、(おそらく)世界初の「自分」啓発セミナーを開催いたします。
物語論、虚構論に興味にある方から、社会に生きづらさを感じている人まで、お気軽にご参加くださいませ。
 
【プロフィール】
千野帽子(ちの・ぼうし) 
パリ第4大学博士課程修了。文筆家。公開句会「東京マッハ」司会。著書に『読まず嫌い。』(角川書店)、『文藝ガーリッシュ』『世界小娘文學全集』(共に河出書房新社)、『俳句いきなり入門』(NHK出版新書)、『人はなぜ物語を求めるのか』(ちくまプリマー新書)など。編著に『富士山』『夏休み』『オリンピック』(共に角川文庫)、『ロボッチイヌ 獅子文六短篇集 モダンボーイ篇』(ちくま文庫)がある。
千葉雅也(ちば・まさや)
1978年栃木県生まれ。哲学者。東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。フランス現代思想の研究と、美術・文学・ファッションなどの批評を連関させて行う。現在は、立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授。最近の著書に『意味がない無意味』、『欲望会議——「超」ポリコレ宣言』(共著)など。

【注意事項】
・お座席は自由席です。会場にお越しの順にお入りいただきます。 
・会場でのご飲食は9Fでお買上げの商品のみとさせていただいております。 
・録音・録画はご遠慮頂いております。 
・お客様ご都合によるキャンセルは承っておりません。予め御了承ください。 
・本イベントはEC、店頭でのご購入の両方でTポイント対象となりますが、ルクアポイントは店頭ご購入の場合のみ対象となります。
・お子様の価格設定はございません。大人と同じように席を有する場合は大人と同額を頂戴いたします。
・ベビーカーはお預かりする場所がございませんので予めご了承ください。
・お子様が泣かれた場合、ご配慮を頂戴できますようお願いすることがございます。


  オンラインショップでの受付は2019年5月30日(木)午後23時の受注分までとさせていただきます。
  ※配送の無い商品(*1)のオンラインショップでの受付は、クレジットカードでのみ承っております。
   代金引換でのご注文はキャンセルとなりますのでご注意ください。
    *1 参加券のみ及び店頭にてお渡しの商品は配送がございません。


 
  • 会期 2019年05月31日(金)
  • 時間 19:00~21:00(開場18:30)
  • 場所 梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ
  • 参加費 1,500円(税込)
  • 申し込み方法 梅田 蔦屋書店オンラインショッピングまたは店頭にてお申し込みください。※オンラインショッピングでは決済のみとなり、チケットの発送はございません。イベント当日にお渡しします。
  • 定員 70名
  • 講師/ゲスト 千野帽子氏 千葉雅也氏
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 共催・協力 筑摩書房
  • 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

OTHER STORES

他店舗情報