【イベント】柴崎友香『待ち遠しい』刊行記念トーク&サイン会 【他人との関係―わかりあおうと近づくこと】

人文
梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ 2019年 07月28日(日)
芥川賞作家・柴崎友香さんの新刊『待ち遠しい』の刊行を記念して、トーク&サイン会を開催します。
住み心地のいい離れの一軒家で一人暮らしを続ける北川春子39歳。母屋に越してきた、夫を亡くしたばかりの63歳、青木ゆかり。裏手の家に暮らす現実的な今どきの新婚25歳、遠藤沙希。
年代も性格もまったく異なる3人の出会いから始まった、温かく、どこか嚙み合わない"ご近所付き合い"、その行方は――。
女も男も、人からは見えない、そしてジャッジすることのできない問題を抱えている。年齢や、生きる環境、価値観など、さまざまな違いを乗り越えて、人と人はほんとうに分かり合えるのか?
 現代を生きる大人たちに贈る必読の一冊です。

たまたま知り合った他人同士が、年代や価値観、育ってきた環境の違いなどを越えて、関係を深めていくこと、そして、ほんとうにわかりあうことは可能なのでしょうか?そもそも、親しい関係とは?
 
ゲストには、『うしろめたさの人類学』(毎日出版文化賞)などの著作のある文化人類学者・松村圭一郎さんをお迎えします。
新作『待ち遠しい』のみならず、これまで数多くの作品で、人と人との距離感を言葉でリアルに描き出してきた柴崎友香さんと、エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを基に、文化人類学の観点から「人と人との関係」をみつめてきた松村圭一郎さんが、「他人との関係」をテーマにして語りつくします。
90分のトークの後、30分のサイン会を予定しております。
 
【プロフィール】
柴崎友香(しばさき・ともか)
1973年大阪生まれ。2000年に『きょうのできごと』を刊行(2004年に映画化)。2007年『その街の今は』で藝術選奨文部科学大臣新人賞、織田作之助賞大賞、咲くやこの花賞、2010年『寝ても覚めても』で野間文芸新人賞(2018年に映画化)、2014年に『春の庭』で芥川賞を受賞。
 
松村圭一郎(まつむら・けいいちろう)
1975年、熊本生まれ。文化人類学者。岡山大学文学部准教授。エチオピアの農村や中東の都市でフィールドワークを続け、富の所有と分配、貧困や開発援助、海外出稼ぎなどについて研究している。著書に『所有と分配の人類学』(世界思想社)、『基本の30冊 文化人類学』(人文書院)、『うしろめたさの人類学』(ミシマ社)、編著に『文化人類学の思考法』(世界思想社)。
 
【注意事項】
・お座席は自由席です。会場にお越しの順にお入りいただきます。 
・会場でのご飲食は9Fでお買上げの商品のみとさせていただいております。 
・録音・録画はご遠慮頂いております。 
・お客様ご都合によるキャンセルは承っておりません。予め御了承ください。 
・本イベントはEC、店頭でのご購入の両方でTポイント対象となりますが、ルクアポイントは店頭ご購入の場合のみ対象となります。
・お子様の価格設定はございません。大人と同じように席を有する場合は大人と同額を頂戴いたします。
・ベビーカーはお預かりする場所がございませんので予めご了承ください。
・お子様が泣かれた場合、ご配慮を頂戴できますようお願いすることがございます。
・サイン会は当店でご購入頂いた方のみご参加いただけます。
・サイン本のお渡し会の場合、名いれ等はお断りをさせていただく場合がございます。
 


  オンラインショップでの受付は2019年7月27日(土)午後23時の受注分までとさせていただきます。
  ※配送の無い商品(*1)のオンラインショップでの受付は、クレジットカードでのみ承っております。
   代金引換でのご注文はキャンセルとなりますのでご注意ください。
    *1 参加券のみ及び店頭にてお渡しの商品は配送がございません。

  • 会期 2019年07月28日(日)
  • 時間 19:00~21:00(開場18:30)
  • 場所 梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ
  • 参加費 1,500円(税込)
  • 定員 80名
  • 講師/ゲスト 柴崎友香 松村圭一郎
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 共催・協力 毎日新聞出版 ミシマ社
  • 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp
  • ホームページ http://shiba-to.com
    http://mainichibooks.com
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト