【イベント】EXPO STUDY MEETING vol.03 ライゾマティクス齋藤精一と考える「万博」の前後左右

イベント
梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ 2019年 08月23日(金)
クリエイターが中心となって万博について考える勉強会EXPO STUDY MEETING。
これまでクリエイティブディレクター、コミュニティデザイナー、博覧会マニアなどの有識者を迎えて、2度開催されました。
 
第3回目となるEXPO STUDY MEETING vol.03では、勉強会から趣向を変えて“ブレスト風”です。
 
コミュニティデザインに精通した服部滋樹氏(graf)をファシリテーターに、そして2020年ドバイ万博のクリエイティブアドバイザー齋藤精一氏(ライゾマティクス)をゲストに迎えて、吉田貴紀(BYTHREE)、山根シボル(人間)が2025年の万博に関する勝手な「企画」や「アイデア」を提案します。
 
オーディエンスからのアイデア提案も大歓迎。
齋藤精一氏による、万博のクリエイションの話を交えながら、
オリジナルの万博の定義を描いてみませんか。

◆ご予約は下記サイトより受け付けております。
https://esm03.peatix.com/
 
 
【プロフィール】
◆齋藤 精一(さいとう せいいち)
Rhizomatiks / クリエイティブディレクター / 2020年ドバイ万博日本館クリエイティブアドバイザー
2006年にライゾマティクス設立。建築で培ったロジカルな思考を基に、アート・コマーシャル領域で立体・インタラクティブ作品を制作。国内外の広告賞を多数受賞。

◆服部 滋樹(はっとり しげき)
graf / クリエイティブディレクター
建築、インテリアに関わるデザインやブランディングディレクションを手掛け、地域再生にもその能力を発揮。京都造形芸術大学芸術学部情報デザイン学科教授。

◆吉田 貴紀(よしだ たかのり)
BYTHREE / クリエイティブディレクター
2013年にBYTHREE設立。グラフィックデザインを軸に、広告やWEBの企画・デザイン、ブランディングに携わる。2018年にフリーペーパー「はじめて万博」を発行。
 
◆山根 シボル(やまね しぼる)
株式会社人間 / アイデアマン
1981年大阪生まれ。奇想天外な企画をなんとかシボリだし、株式会社人間の「人間っぽさ」を担っている。2018年にフリーペーパー「はじめて万博」を発行。
 
 
【注意事項】
◆ご予約は下記サイトより受け付けております。
https://esm03.peatix.com/
・お座席は自由席です。会場にお越しの順にお入りいただきます。 
・会場でのご飲食は9Fでお買上げの商品のみとさせていただいております。 
・録音・録画はご遠慮頂いております。 
・お客様ご都合によるキャンセルは承っておりません。予め御了承ください。 
・お子様の価格設定はございません。大人と同じように席を有する場合は大人と同額を頂戴いたします。
・ベビーカーはお預かりする場所がございませんので予めご了承ください。
・お子様が泣かれた場合、ご配慮を頂戴できますようお願いすることがございます。
  • 会期 2019年08月23日(金)
  • 時間 19:30~22:00(開場19:00)
  • 場所 梅田 蔦屋書店 店内 4thラウンジ
  • 参加費 1,500円(税込)
  • 申し込み方法 ◆ご予約は下記サイトより受け付けております。
    https://esm03.peatix.com/
  • 定員 80名
  • 講師/ゲスト 齋藤 精一
    服部 滋樹
    吉田 貴紀
    山根 シボル
  • 主催 BYTHREE
  • 共催・協力 株式会社人間
  • 問い合わせ先 info@x3-design.com
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

STORE LIST

ストアリスト