【フェア】森山大道『Daido Silk』

アート
マガジンストリートフェアコーナー 2023年03月01日(水) - 03月30日(木)

Silkscreen was second to none.
Silkscreen beats the Mona Lisa anytime!
―Daido Moriyama—

これまで数多くの写真集を発表してきた森山大道氏が、初めて全ページの写真をシルクスクリーンで印刷された写真集『Daido Silk』を発売します。

2022年11月、世界最大級の写真フェア<PARIS PHOTO>で発表され、欧州の審美眼を持つ読者を驚愕させました。
光、時間、場所など、異なる条件下で写真集を見る度に表情を変える写真は、全編シルクスクリーン印刷だからこその表情で、ページをめくる度に魅了されます。

表紙の布装にも絹(黒と白の2種)を使用し、徹底的にシルクスクリーン印刷にこだわり抜いて造本設計されています。

日本での発売を記念して、本書を造本設計した町口覚氏の協力のもと、刷本をお見せする展示とともに写真集を販売いたします。



『Daido Silk(黒)』
※著者サイン入り


【書籍情報】
『Daido Silk』
写真・文章:森山大道
編集・造本設計:町口覚
デザイン:浅田農、清水紗良 (MATCH and Company.,Ltd.)

判型:縦254mm/横185mm
頁数:本文96頁
写真点数:45点
仕様:布装PUR無線綴じ上製本、スリーブケース入り
言語:日英表記
表紙2種:黒/白
各限定500部 (エディションナンバー入り)
※本文は共通。黒と白の絹の表紙にシルクスクリーン印刷されている著者の言葉が異なります。 定価:18,700円 (税込) 発行:森山大道写真財団 制作:BLD未来出版事業部 発売:bookshopM


【プロフィール】
森山 大道 (もりやま・だいどう)
1938年大阪生まれ。岩宮武二、細江英公のアシスタントを経て1964年独立。写真雑誌などで作品を発表。
1967年「にっぽん劇場」で日本写真批評家協会新人賞受賞。1968年から1970年にかけて写真同人誌「プロヴォーク」に参加。ハイコントラストや粗粒子画面の作風は"アレ・ブレ・ボケ"と評され、写真界に衝撃を与える。世界的評価も高く、2018年、フランス政府より芸術文化勲章「シュヴァリエ」が授与。2019年、ハッセルブラッド財団国際写真賞受賞。現在も世界各国で個展を開催するなど、精力的に活動を行っている。

 

  • 会期 2023年3月1日(水)〜2023年3月30日(木)
  • 時間 10:30〜21:00 ※営業時間は変更になる可能性がございます。
  • 場所 マガジンストリートフェアコーナー
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 共催・協力 森山大道写真財団/ BLD未来出版事業部/マッチアンドカンパニー
  • 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp| 梅田 蔦屋書店(06-4799-1800)

SHARE

一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト