【展覧会】森山大道「THE FOSSILIZATION of LIGHT」

GINZA ATRIUM WORKS
銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM 2021年06月19日(土) - 06月30日(水)
©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery


 

 

森⼭⼤道の個展「THE FOSSILIZATION of LIGHT」を2021年6⽉19⽇(⼟)〜6⽉30⽇(⽔)の期間、中央イベントスペースGINZA ATRIUMにて開催した。

 
 
概要
森山大道は、前衛的な写真表現の先陣となり、⽩と⿊の⾊調の差が⼤きいハイコントラストの写真や、被写体の輪郭がぼやけていたり、粗かったりする写真は「アレ・ブレ・ボケ」と呼称され、写真界にインパクトを与えた。
銀座 蔦屋書店での森⼭作品の⼤規模な展⽰企画は、昨年の「DAIDO MORIYAMA COLLECTION」に続き2回⽬。
 
今回の展覧会では、森⼭の作品の中でも⼈気の⾼いモチーフによるシルクスクリーン作品を公開。
森⼭は写真家として知られていますが、本⼈は従来からシルクスクリーンによる制作に取り組んでおり、アンディ・ウォーホルからの影響が⼤きいと述べています。
 
 
 
#1

©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

 
 
 
 
#2

©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

 
 
 
 
#3

©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

 
 
 
 
#4

©Daido Moriyama Photo Foundation Courtesy of Akio Nagasawa Gallery

 
 
 
 
[アーティストによるステートメント]
僕のシルクスクリーンによる制作の試みは、1969年まで遡ります。在⽇アメリカ⼤使館が使⽤していたクリスマスカードを複写し、シルクスクリーン作品に置き換えたのが始まりでした。これは、アンディ・ウォーホルの影響が⼤きかったと思います。初めてウォーホルの作品に出会った時、写真が持つポテンシャルを強く意識しました。
 
僕は⼀般的に写真家として知られているかもしれませんが、ゼラチンシルバープリントの展覧会より前に、シルクスクリーンでの展覧会を開催しています。1976年に、実物⼤のハーレーダヴィッドソンを、巨⼤なシルクスクリーンキャンバスにして展⽰したのを初めとし、それ以降も国内外を問わず⼤きな展覧会では必ずシルクスクリーン作品の展⽰を⾏ってきました。昨年、東京都写真美術館で開催された展覧会では、全体の1/3が、⼤型のシルクスクリーンによるインスタレーションでした。
 
何故、シルクスクリーンが好きかと⾔うと、カメラによって写し取られたイメージが、キャンバスに定着され、“時間の化⽯“というオブジェとなることを感じるからです。インクが持つ物質性や暴⼒性といったもの、シルクスクリーンの版を通して抽象化される過程など、様々な要因がその効果をもたらすのです。
ゼラチンシルバーもシルクスクリーンも、僕にとっては、イメージを表出する技法として違いはありません。それぞれ異なる特徴を持った技法であって、その時々でイメージの効果を最⼤化する⼿段として使い分けています。もちろん、コンストラストや⾊調などは、シルクスクリーンの特徴を⽣かした調整をします。シルクスクリーンは、サイズやインクの⾊など選択の⾃由度が⾼いため、作品はより多⾊に、そしてより⼤きくなっています。
 
今回の展⽰に当たり、銀座という場所性も鑑み、ファッションと⼥性を意識した“唇"と“タイツ"といったモチーフを中⼼に選びました。インクの艶めく官能性、⽴ち上る匂い、オブジェとなったイメージを堪能して頂けたら幸いです。
 
森⼭⼤道
  • 会期 2021年06月19日(土)~06月30日(水)
  • 場所 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 協⼒ Akio Nagasawa Gallery
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト