EVENT SPACE

【展覧会】Defacement

ART-GALLERY-THE-CLUB
ART GALLERY THE CLUB
(銀座 蔦屋書店内)
2018年07月14日(土) - 08月31日(金)
THE CLUBではグループ展「Defacement」を開催いたします。
 
Defacement ―「破壊」や「汚す」という行為や、何かの「介入」によって元々の意味に新たな意味を加えたり、上書きして、価値を再評価すること。
 
本展覧会では、ニューヨークを拠点とし、過去に40以上もの展覧会を手がけてきたアマンダ・シュミットをゲストキュレーターとして迎えます。アートを通して今の現代社会が抱える問題を見つめなおし、力強いメッセージを発信し続けている彼女は、2017年に「TIME Magazine」の「Person of The Year」の一人にも選ばれ、社会派の若手キュレーターとして注目を浴びています。
 
50年代後半にアスガー・ヨルンやギー・ドゥボールらを筆頭に、膨らむ資本主義経済による大量消費社会に反抗し、その後の芸術や社会理念に大きな貢献をした前衛グループ「シチュアシオニスト・インターナショナル」。本展覧会ではそのメンバーであった画家のジャクリーン・デ・ヨングや、量産されるシルクスクリーンを用いて価値という概念を疑問視したアンディ・ウォーホル、またゲルハルト・リヒターのオーバー・ペインテッド・フォトシリーズや、日本では見る機会の少ない海外で活躍している若手アーティストまで、彼らの理念を受け継ぐ現代アーティスト12人による作品を展示いたします。
 
今回THE CLUBにて開催される「Defacement」では、シチュアシオニストらの考えをもとに、半世紀たった今でもなお絶えず膨大な量の生産と消費が繰り返される現代社会において、破壊とはなにを意味するのか、またそこから新たな価値はどのようにして見出されていくのかを再考します。
 
The CLUB is pleased to announce its new group exhibition "Defacement,"
 
“Defacement” ― The incisive attack which alters, spoils, or obfuscates the surface or original image and revalorizes a new form, reading or meaning. 
 
New York based curator Amanda Schmitt has organized more than forty exhibitions, screenings and performances and garnered critical acclaim as an emerging socially-aware curator whose deliberate curations and reflection on the issues that burden contemporary society, as seen through art, have put her on the public spotlight. Schmitt was also one of the women featured as the 2017 TIME Magazine “Person of The Year.”
 
Inviting Amanda Schmitt as guest curator, "Defacement" introduces twelve contemporary artists, and presents them in context alongside ideas of The "Situationist International,” was an intellectual, social and artistic organization active from 1957-1972 which included figures such as Asger Jorn and Guy Debord, among others. The Situationists aimed to critique the evolving mass-consumerist society resulting from the globalizing force of capitalism. At the core of the exhibition is a re-reading of the strategy détournement, specifically interpreting the concept of defacement. The exhibition includes painter Jacqueline de Jong, who was one the original members of “Situationist International,” Andy Warhol, whose use of repetition of silkscreened pop art negated the concept of preciousness and posed a question to our conception of value, and Gerhard Richter’s iconic “Over Painted Photos,” as well as other contemporary emerging and mid-career artists.
 
"Defacement" is formulated around ideas of the Situationists in order to reassess our current values in artistic creation, which even five decades after the critical movement, witness the cycle of production, consumption, and waste at an untenable scale. The exhibition aims to illustrate the value of Defacement, investigate what surfaces when an artist defaces the surface, and how artists sacrifice the past to make way for the future. 
 
■「THE CLUB」WEBサイト
 
  • 会期 2018年7月14日(土)-8月31日(金) ※8月27日は休廊いたします。
  • 時間 11:00~19:00(営業時間)
  • 場所 ART GALLERY THE CLUB
    (銀座 蔦屋書店内)
  • 主催 THE CLUB
  • 問い合わせ先 03-3575-5605
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

OTHER STORES

他店舗情報