【トークイベント】銀座 蔦屋書店「action publishing」池田学×稲葉俊郎 絵を描き、山に登る
~池田学の作品から考える美術と身体と自然の関係。~

アート
BOOK EVENT SPACE 2017年 07月28日(金)

現在、大きな話題をよんでいる画家 池田学さんの大規模個展「池田学展 The Pen -凝縮の宇宙-」。佐賀にはじまり、金沢、そして東京に巡回します。
中でも注目を浴びている作品は、本展ではじめてお披露目された新作《誕生》。アメリカ・ウィスコンシン州のマディソンで3年3か月かけて制作された3m×4mの大作です。そんな本作の制作に迫った書籍『《誕生》が誕生するまで(仮)』(青幻舎)が刊行されます。
今回は、個展の開催と、本書の刊行を記念して、いかにして池田さんの作品が誕生するのか、作品制作の舞台裏に迫ります。

緻密さと壮大さが共存する作品の背景には、池田さんの小さき者たちへの観察のまなざしと、壮大な自然に向き合う勇敢な姿勢があります。実は、池田さんは大のアウトドア好き。制作の合間に、魚を釣り、岩、そして山を登り、スキーを滑る。描くことと同じくらい「身体を動かすこと」「自然と戯れること」を楽しみ、情熱を注がれています。

池田さんのように、日々の生活において「身体を動かす」ことを大切にしている人がいます。医師の稲葉俊郎さんです。
稲葉さんは、東京大学の循環器系内科医でありながら、絵を描かれるとともに、能楽の稽古に通われることで、ご自身の身体と向き合い、芸術と医療、芸術と身体の関係を模索し続けられています。また、学生時代から山岳部として登山(冬山含む)、クライミング、沢登りを続け、現在も東京大学医学山岳部監督をされながら山岳医療のボランティアもされています。

では、池田さんにとって身体を動かすこと、自然と向き合うことが、作品にどのように影響しているのでしょうか。
医師として、日々、多くの人の身体にふれる稲葉さんにとって、能楽に関わり、自己の身体と向き合うことはどのような意味があるのでしょうか。
今回は、「自然と身体」の視点から、稲葉さんとともに池田学さんの作品制作の舞台裏に潜入することで、池田さんの想像力とその源を探ります。さらにお2人のお話から、人はなぜ描くのか、なぜ山を登るのか、なぜ舞うのか、芸術の根源にも迫る機会にしたいと思います。

※action publishingとは…
トークレクチャーを生で本が紡ぎだされる場ととらえ「action publishing」と名づけました。みなさまに、ここでしか聞けない、読めない、体験できない本が生まれる瞬間に立ち会っていただきたいと願っています。

【参加条件】
イベント参加券3,000円(税込)をご購入いただいたお客様にご参加いただけます。※要予約(要参加券)
また、トーク終了後、池田学さんによるサイン会を開催いたします。
池田学さんのご著書を、銀座 蔦屋書店にてご購入いただいた方が対象です。※お1人様、2点までとさせていただきます。

【お申込み方法】
・お電話 03-3575-7755
オンラインストア
   ※オンラインストアでの受付は2017/7/26(水)午前9時の受注分までとさせていただきます。

【ご注意事項】
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の30分前から入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承ください。
*定員に達し次第、受付を終了させて頂きます。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。

【プロフィール】
池田学 (いけだ まなぶ)
1973年佐賀県多久市生まれ。98年東京藝術大学美術学部デザイン科卒業。卒業制作にて紙に丸ペンを使用した独自の細密技法を確立。2000年同大学院修士課程を修了。2011年より文化庁芸術家在外研修員としてカナダ、バンクーバーに滞在。2013年よりアメリカ、ウィスコンシン州マディソンにあるChazen美術館の招聘を受け、滞在制作を行う。圧倒的な細密さと共に、ユニークな感性と創造力溢れる作風で国内外を問わず高い評価を得ている。
2014年公益信託タカシマヤ文化基金・第25回(平成26年度)タカシマヤ美術賞受賞。
最近の主な展覧会に2017年「池田学展 The Pen —凝縮の宇宙-」佐賀県立美術館、金沢21世紀美術館(7月9日まで)、日本橋髙島屋(9月27日−10月9日)を巡回。
ミヅマアートギャラリーでの7年ぶりの個展「誕生」も開催を予定している。(7月26日-9月9日)

ミヅマアートギャラリー公式WEBサイト:http://www.mizuma-art.co.jp/

稲葉俊郎 (いなば としろう)
1979年熊本生まれ。医師。2004年東京大学医学部医学科卒業。2014年東京大学医学系研究科内科学大学院博士課程卒業(医学博士)。現在、東京大学医学部付属病院 循環器内科 助教。
東大病院では心臓を内科的に治療するカテーテル治療や先天性心疾患を専門とし、往診による在宅医療も週に一度行いながら、夏には山岳医療にも従事している(東大医学部山岳部監督)。
医療の多様性と調和への土壌づくりのため、西洋医学だけではなく伝統医療、補完代替医療、民間医療も広く修める。国宝『医心方』(平安時代に編集された日本最古の医学書)の勉強会も主宰。古来の日本は、心と体の知恵が「芸術・芸能・美・道」へと高められ心身の調和が予防医療の役割を果たしていた、という仮説を持ち、自らも能楽の稽古に励む。
未来の医療と社会の創発のため、伝統芸能、芸術、民俗学、農業…など、あらゆる分野との接点を探る対話を積極的に行っている。

出演歴: ヨコハマラウンド「島とオルタナティブ:歴史・社会、医療、アート」(横浜美術館、2017年5月28日)(ヨコハマトリエンナーレ2017『島と星座とガラパゴス』)、SWITCHインタビュー 達人達「大友良英×稲葉俊郎」(NHK、2017年3月11日)、MANSAI 解体新書 その弐拾六(芸術監督・野村萬斎、音楽家・大友良英、医師・稲葉俊郎 鼎談)(世田谷パブリックシアター、2016年7月30日)など。

稲葉俊郎公式ブログ:https://www.toshiroinaba.com/

 
オンラインストアでの受付は2017/7/26(水)午前9時の受注分までとさせていただきます。
※配送の無い商品 *1 のオンラインストアでの受付は、クレジットカードでのみ承っております。
 代金引換でのご注文はキャンセルとなりますのでご注意ください。
*1 参加券のみ及び店頭にてお渡しの商品は配送がございません。 

  • 会期 2017年07月28日(金)
  • 時間 19:30~21:00
  • 場所 BOOK EVENT SPACE
  • 定員 50名
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト