【GINZA ATRIUM】
名和晃平「Throne -Louvre Pyramid-」
「Throne」制作時の記録映像と新作を公開

GINZA ATRIUM
GINZA ATRIUM 2019年02月05日(火) - 02月11日(月)
2018年7月よりフランス・パリのルーヴル美術館ピラミッド内にて、彫刻家 名和晃平の大型作品”Throne”が展示されています。2017年、銀座 蔦屋書店を開業する際「アートと日本文化をテーマにした新しい蔦屋書店にふさわしい作品を制作いただけないか」と名和晃平氏に依頼をし、黄金の玉座
” Throne (g/p_boy)”を制作していただきました。それが銀座 蔦屋書店と”Throne”の出会いです。

この度開催する『Throne -Louvre Pyramid-』展では、現在ルーヴル・ピラミッドに展示中の”Throne”の記録映像と新作エディションの披露を行います。名和氏は"Throne"を通して、現代社会において進化しているコンピューターやAIが、やがて政治や権力に影響を与える「絶大な力」として置換されるのではないかという予感を「浮遊する空位の玉座」という表現をもって表しています。また、その造形は日本の伝統的な金箔貼りの技術と、最新の3D技術を駆使して作られています。

同時に、名和晃平の活動と彫刻シリーズのダイナミックな展開が、豊富な写真資料と評論のテキストと共に収録されたアートブック「METAMORPHOSIS(メタモルフォシス)」となり、2019年2月4日、蔦屋書店オリジナル作品集として刊行いたします。2011年以降の作品を中心に150点以上、全336ページに渡り収録しております。また、今回この作品集に数量限定マルチプルを加えた特装版も刊行いたします。どうぞご期待ください。
 
 
【プロフィール】
名和 晃平 (なわ こうへい)
1975年生まれ。京都を拠点に活動。京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。独自の「PixCell」という概念を軸に、様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。近年は建築や舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。
 
 
【作品集「METAMORPHOSIS(メタモルフォシス)」について】
作品集名:「METAMORPHOSIS(メタモルフォシス)」
発行:2019年2月4日
出版社:光村推古書院
制作:CCCアートラボ
定価:未定
 
 
 
Sponsors ※50音順
 
 
    
 
 
 
  • 会期 2019年2月5日(火)-11日(月・祝)
  • 時間 10:00~22:30(営業時間)
  • 場所 GINZA ATRIUM
  • 主催 銀座 蔦屋書店
    (CCCアートラボ株式会社)
  • 協賛 SBIアートオークション株式会社 /
    Bang & Olufsen Japan /
    パナソニック株式会社
  • 協力 国際交流基金 / SANDWICH Inc. /
    株式会社スカイザバスハウス /
    ルーヴル美術館(50音順)
  • 問合せ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト