【トーク&デモンストレーション】花を日常にとりいれる『花いけの勘どころ』上野雄次×渡来徹

日本文化
BOOK EVENT SPACE 2020年 02月07日(金)
―今、必要とされるいけばなの本質―
お花屋さんにも愛好家にも、もちろんいけばなを習っている人たちに向けても、いけばなの魅力、花いけの面白さをいけばな作家2人が伝えます。
 
書籍『花いけの勘どころ』にまつわる話やいけばなをかたちづくるあれやこれ、Q & A、そして上野雄次さんによる花いけのデモンストレーションを予定しています。
 
[対象書籍のご紹介]
花いけの勘どころ 誠文堂新光社
定価:2,200円 (税別)
ISBN:978-4-416-51919-6
 
花をいけるために大切なこと。
花を見つめ、向き合うことで、見えてくる自身の心。
いけばなにルーツを持つ花道家上野雄次が花をいけるために大切なことを作例と合わせて、伝える。
自然界の摂理の中で、基礎的な花留めのテクニックも紹介。
床の間に差し込む光に合わせた花のいけかた、器と花の組み合わせ、枝や葉を削ぎ落として生まれる形など、あらためて花との対峙の仕方を伝える。
 
[参加条件]
銀座 蔦屋書店にて下記の商品をご購入いただいた方にご参加いただけます。
・イベント参加券 1,500円 (税込)
・イベント参加対象商品書籍『花いけの勘どころ』2,420円 (税込)
 
[申込方法]
・店頭
・お電話 03-3575-7755
オンラインショップ
※オンラインショップでの受付は2020年2月6日(木)午前10時の受注分までとさせていただきます。
 
[注意事項]
*参加券1枚でお一人様にご参加いただけます。
*イベント会場はイベント開始の15分前からで入場可能です。
*当日の座席は、先着順でお座りいただきます。
*イベント参加者によるイベントの模様の撮影、録音、記事化はお断りしています。
*参加券の再発行・キャンセル・払い戻しはお受けできませんのでご了承くださいませ。
*止むを得ずイベントが中止、内容変更になる場合があります。
 
[プロフィール]
上野雄次 (うえのゆうじ)
花道家/アーティスト
1967年  京都府生まれ、鹿児島県出身。東京都在住。
1988年  勅使河原宏の前衛的な「いけばな」作品に出会い華道を学び始める。
国内展覧会での作品発表の他、バリ島、火災跡地など野外での創作活動、イベントの美術なども手掛ける。
2005年~「はないけ」のライブ・パフォーマンスをギャラリーマキ(東京)で開始。
地脈を読み取りモノと花材を選び抜いて活けることで独自な「はないけ」の世界を築き続けている。
創造と破壊を繰り返すその予測不可能な展開は、各分野から熱烈な支持を得ている。
詩人、写真家、ミュージシャン、工芸家、ファッションデザイナー、茶人等とのコラボレーションも多数行っている 
kom.i コムアイ  
山下洋輔   
矢野顕子  
Arto Lindsay  (アート・リンゼイ)  
F.I.B JOURNAL  
Jeff Mills (ジェフ・ミルズ)  他多数
 
渡来 徹 (わたらい とおる)
いけばな教授者/Tumbler&FLOWERS 主宰。渋谷区神宮前にいけばな教室兼オーダー花店『Tumbler & FLOWERS』を構え、いけばなの面白みを多くの人に知ってもらうべく活動する。男性ファッション誌や女性情報誌での編集・ライターとして培ったキャリアをもとに、従来のいけばな教室とは違ったアプローチでレッスンやワークショップを行なっている。レギュラーのいけばな教室のほかに店頭やイベント、展示会場の装花、企業向けワークショップなども手がけている。


  オンラインショップでの受付は2020年2月6日(木)午前10時の受注分までとさせていただきます。
  ※配送の無い商品(*1)のオンラインショップでの受付は、クレジットカードでのみ承っております。
   代金引換でのご注文はキャンセルとなりますのでご注意ください。
    *1 参加券のみ及び店頭にてお渡しの商品は配送がございません。

 
  • 会期 2020年02月07日(金)
  • 時間 19:00~20:30
  • 場所 BOOK EVENT SPACE
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 定員 50名
  • 問い合わせ先 03-3575-7755
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

EVENT REPORT

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト