【イベント】イラストレーター中川学とブックデザイナー泉屋宏樹対談

イベント
パークプラザ3階 共通ロビー 2019年 05月26日(日)
現代の鏡花本をつくる

「現代の鏡花本をつくる」をテーマに、
イラストレーター中川学さんとブックデザイナー泉屋宏樹さんが対談します。
鏡花本とは何か、小村雪岱の装幀本など昔の鏡花本を解説しつつ、
「絵本 化鳥」、「朱日記」、そして最新作「榲桲に目鼻のつく話」の書籍について、
挿絵制作と造本の工夫など「現代の鏡花本」制作の裏話を紹介します。

そして泉屋宏樹さんは先日、イタリア・ミラノで行われた世界最大級の国際デザインコンペ
「 A’ Design Award & Competition 2019 」の Print and Published Media Design 部門において、
『絵本 化鳥 “ A Bird of a Different Feather: A Picture Book ”』でアイアン賞を受賞しました。
貴重なお話がうかがえるこの機会に、ぜひご参加くださいませ。

トーク終了後、当店で対象書籍をご購入の方へサイン会も行います。

※サイン会対象書籍
●「絵本 化鳥」国書刊行会(2012) 1900円+税 
●「朱日記」国書刊行会(2015) 1900円+税
●「英語版 絵本 化鳥」国書刊行会(2017) 2000円+税
●「中川学 圖案繪集 UKIYO」玄光社(2018) 2500円+税
●「榲桲に目鼻のつく話 普及版 」河出書房新社(2019) 2300円+税

当日までに対象書籍をご購入のお客様はレシートをお持ちください。
対象書籍完売や、品切れの際はご了承ください。

※1階蔦屋書店 ギャラリーENで関連フェアも実施中です。あわせてお楽しみください!

 

■プロフィール

中川学(なかがわ・がく)
京都瑞泉寺の住職にしてイラストレーター。
ロンドン発の雑誌MONOCLEの挿絵から時代物書籍の装幀画まで幅広いスタンスでイラストを描く。近年、絵本制作に力を入れ『世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』などを手がける一方、泉鏡花の絵本化をライフワークとしている。2019年3月最新作「榲桲に目鼻のつく話」出版。

https://www.kobouzu.net/

泉屋宏樹(いずみや・ひろき)
デザイン事務所iD.代表。デザインとアートを横断的に捉え、広告デザインをはじめ、CI / VI制作、装幀等、幅広く展開。近年、泉鏡花記念館のシンボルロゴや中川氏装画による鏡花本や初作品集の装幀、アートディレクションを担当。2013年、2017年アジアデザイン賞(DFA)受賞。
日本ブックデザイン賞入選。

http://www.id-izumiya.jp/

 

 

 

 

  • 会期 2019年5月26日(日)
  • 定員 50名
  • 時間 14:00-16:00(13:45開場)
  • 場所 パークプラザ3階 共通ロビー
  • 主催 京都岡崎 蔦屋書店
  • 参加費 無料
  • 申込 店頭または、お電話にて承ります。(075-754-0008)
  • 問い合わせ先 京都岡崎 蔦屋書店(075-745-0008)

OTHER STORES

他店舗情報