日本の食づくり

フェア|食
2019年09月18日(水) - 11月18日(月)

暑かった夏も終わり、実りの季節、秋になりました。
秋になると、改めて、日本にはおいしい食べ物がたくさんあるのだなと思います。

日本の食文化である和食はユネスコの無形文化財に指定されました。料理そのものだけではなく、自然や四季に寄り添う文化も評価された結果です。
和食は決して敷居の高いものではなく、自分で毎日作り、いただくことができます。その土台となるのはやはりお米。
太陽、水、風、たっぷりの自然を吸い込み、農家さんによって我が子のように育てられたお米はもはや1つの作品といってもいいのではないでしょうか。

そんな日本の誇る「食づくり」を五感で楽しむフェアを開催します。
和食にまつわるレシピ本から書籍、そして、雑貨では「お米農家やまざき」から無農薬栽培コシヒカリ【ひなたの粒】の新米の白米・玄米。また、「五味醤油」より、手塩にかけて育てられた味噌や塩こうじ、麦こうじを用意いたしました。
そして、せっかくならば、最高の状態でご飯を頂いてほしい、そんな気持ちから「HARIO」のご飯釜を取り揃えました。

日本の誇る「食」の作品を是非、この秋楽しんでください。

【お米農家やまざき】※こちらの商品は10月からの販売となります。
江戸時代末期から続く米農家の6代目。
茨城県・筑波山の麓で、薬に頼らない農法で米作りに励んでいる。
育ち盛りの子どもたちをまんぷくにするべく、日々のごはん作りは、夫婦揃って台所に立つ。
NHK[Eテレ]趣味どきっ!・雑誌 クロワッサン・ku:nelなどで紹介されるほど、台所道具への造詣も深い。
著書に『お米やま家のまんぷくごはん』(主婦と生活社)がある。
お米農家やまざき
 HP:https://www.okome-yamazaki.com

【五味醤油株式会社】
明治元年より味噌と醤油の製造をはじめ、 150 余年にわたって山梨県甲府市にて醸造業を営む。現在はみそとみそ作り用の麹を販売(醤油醸造は休止中)。 小規模ながら地域性を生かした特色ある製品の開発・研究に励んでいる。 また、発酵文化や手前みその素晴らしさを多くの人たちに知ってもらうために、みそづくり教室やラジオ出演など活動は多岐に及ぶ。

【HARIO】
創業1921年
創業当初から一貫して耐熱ガラスの企画・製造・販売をおこなっている
日本で唯一工場を持つ、耐熱ガラスメーカーでございます。
創業時は、理化学品を製造販売。戦後、耐熱ガラスの特性と理化学品で培ったガラス加工の技術を生かし、コーヒーサイフォンの製作に着手し、家庭用品分野に進出。
現在では、コーヒー関連器具や、紅茶・日本茶・ハーブティーといったティー関連器具や、土鍋などの調理器具・電子レンジ用調理器具などのキッチウェアから、アロマ、ペット用品と幅広いアイテムを展開しております。

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト