【イベント】STANDART ~Coffeeの未来を考える~

イベント
パークプラザ3階 共通ロビー 2019年 06月11日(火)

スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン(季刊誌『STANDART』。

その日本版のディレクターを務めている室本寿和さんがアップサイクルをテーマに、コーヒーの豆カスを有機肥料に転換する取組みを行っている福岡のコーヒーショップ「manu coffee」の福田雅守さんをお招きし、マヌア誕生までのお話や循環可能な取り組み、そしてコーヒー業界またはそれ以外の業界の動きについて、当日は語り合います。

コーヒー片手に、コーヒーのアップサイクルとその可能性について深く考えてみませんか?

当日は、manu coffeeさんから素敵なお土産も!

 

プロフィール:

 室本 寿和(ムロモト トシカズ) / Standart Magazine

美味しいコーヒーを誰もが気軽に楽しめるようにしたい」という想いから始まった、スペシャルティコーヒーの文化を伝えるインディペンデントマガジン(季刊誌)『Standart』。その日本版のディレクターを務めている。

https://www.standartmag.jp/

 

福田 雅守(フクダ マサモリ) / manu coffee

福岡県福岡市に5店舗展開するコーヒー屋(中央区大名、春吉、柳橋、薬院、博多区)を経営する。From seed to cup! 種からカップまで大切に1杯1杯を丁寧に淹れている。

自社のコーヒーフェスティバル企画から地元アーティストの支援なども行い、COFFEEを通して多様性を探求するmanu coffeeには根強いファンが多い。土壌研究の専門家「金澤バイオ研究所」と手を組み、さまざまな試行錯誤を経て、コーヒーカスをアップサイクルした有機肥料「マヌア」を開発。コーヒーの豆カス廃棄の改善策になることを目指す。

https://www.manucoffee.com/

  • 会期 2019年6月11日(火)
  • 時間 19:30-20:45(19:15開場)
  • ゲスト 【Standart Magazine】 室本 寿和(ムロモト トシカズ)/【manu coffee】福田 雅守
  • 場所 パークプラザ3階 共通ロビー
  • 主催 京都岡崎 蔦屋書店
  • 参加費 2,000円(税込)※書籍つき【STANDART No8】又は1,000円(税込)チケットのみ
  • 協力 STANDART/manu coffee
  • 申込 店頭または、お電話にて承ります。(075-754-0008)※参加費は当日会場にてお支払いください。
  • 問い合わせ先 京都岡崎 蔦屋書店(075-745-0008)

STORE LIST

ストアリスト