【展示】藤元明「Diastrophism-地殻変動-」展

フェア・展示
六本木蔦屋書店 2F BOOK GALLERY 2022年02月14日(月) - 03月27日(日)
六本木 蔦屋書店では、店内のギャラリースペース「BOOK GALLERY」にて、2022年2月14日(月)~3月27日(日)の期間、現代美術作家・藤元明(ふじもと・あきら)の個展「Diastrophism」を開催いたします。

藤元明は1975年東京生まれの現代美術作家です。東京藝術大学卒業。コミュニケーションリサーチセンターFABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学院デザイン専攻を修了し、東京藝術大学先端芸術表現科助手を経て、アーティストとして国内外で活躍しています。
社会現象や環境問題をモチーフとし、主なアートプロジェクトに「NEW RECYCLE®」「2021」、原爆や戦争、災害など社会的喪失の記憶をテーマとした国際プロジェクト「FUTURE MEMORY」、都市の隙間をアートメディアに変える「ソノ アイダ」、2021年以降の東京を美術・建築の両面から問うた「TOKYO 2021」、海ごみを扱った「Last Hope」シリーズなどがあります。
 
特定の技法・技術やメディウムにとらわれず、平面、立体、映像、アートプロジェクトまで、様々なかたちで展開される藤元の表現は、環境・社会、重力といった、人の力では制御出来ないエネルギーによって起こる現象をモチーフとしています。
今回の個展「Diastrophism-地殻変動-」で藤元は、昨今の地震災害や火山噴火のような事象同様、揺るぎないと信じていた我々の価値基盤の揺らぎを物理現象に置き換え作品化します。絵具の流動と風の力を用いて描く極細な線を組み合わせた「Land Slide」シリーズ、絵具のドロッピングをコラージュして重力・時間の不可逆性を無視する「Replacement」シリーズを中心に、時代に反応し作風がアップデートし続ける藤元の最新を知れる平面作品をご紹介します、ぜひご覧ください。
 
【PROFILE】
藤元明(ふじもと・あきら)
1975年東京生まれ。東京藝術大学美術学部大学院デザイン専攻修了。FABRICA(イタリア)に在籍後、東京藝術大学先端芸術表現科助手を経てアーティストとして国内外で活動。社会現象や環境問題をモチーフとして、様々なメディアで作品展示やアートプロジェクトを展開。主な活動に「NEW RECYCLE®」「2021」、原爆や戦争など社会的喪失の記憶をテーマにした国際プロジェクト「FUTURE MEMORY」など。主な展覧会に「ソノ アイダ#COVID-19」「TOKYO 2021」「陸の海ごみ」「海ごみのあと」。2015年より都市の余白を活用する「ソノ アイダ」を主宰。
  • 会期 2022年2月14日(月)から2022年3月27日(日)まで 
  • 時間 11:00~23:00 ※予告なく変更の可能性があります
  • 場所 六本木蔦屋書店 2F BOOK GALLERY
  • 主催 六本木 蔦屋書店
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト