【イベント】『GABBEH 草木染め手織り絨毯・ギャッベ 遊牧民からの贈り物』刊行記念

BOOK|イベント
六本木 蔦屋書店 2F The Lounge 2022年 09月02日(金)
今、一番の人気を誇る絨毯「ギャッベ」。
イランの遊牧民「カシュガイ族」が織る素朴な絨毯には、様々な願いが込められていると言われています。
なぜ人はギャッベに惹かれるのか。
その魅力を取りまとめた本『GABBEH 草木染め手織り絨毯・ギャッベ~遊牧民からの贈り物~』(コミニケ出版) の刊行を記念し
著者である絨毯ギャラリー株式会社代表取締役 大熊直子さんと、
本誌の写真撮影を担当した小林康宜さんがトークショーを開催します。

大熊さんがこの本を作ろうと思ったきっかけや、小林さんが写真を通じて伝えたかった事を熱く語っていただきます。

【参加方法】
イベントチケット予約・販売サービス「Peatix」にて参加券をご購入いただいたお客様がご参加いただけます。

【参加チケット】
参加チケット付き書籍『GABBEH 草木染め手織り絨毯・ギャッベ~遊牧民からの贈り物~』ご購入:7,700円(税込)
 
 
【イベント当日について】
・Peatixでチケットをご購入いただいたお客様は、イベント当日は直接2F The Loungeまでお越しください。受付にて対象書籍をお渡しいたします。
 開場は18:40を予定しております。ご入場順の自由席となります。
・イベント会場受付にて、手指消毒・検温にご協力ください。
 
【書籍について】

『GABBEH 草木染め手織り絨毯・ギャッベ~遊牧民からの贈り物~』

幸せな日々の訪れを願ってギャッベを織り続けてきた南ペルシアの遊牧民の女性たちと、受け継がれてきた伝統の技を守り続けようとする人々の姿が胸を打つ。何故、ギャッベと呼ばれる草木染めの手織り絨毯が世界の多くの人たちに愛されるようになったのか。ギャッベをこよなく愛する著者が紐解く、高い人気の秘密。ギャッベ・ファンのみならず、工芸という言葉を愛するすべての人にお届けする珠玉の一冊です。

大熊 直子(著/文)
真鍋 保夫(著/文 | 編集)
小林 廉宜(写真)
出版社:コミニケ出版
価格:7,700円(税込)
ISBN:978-4903841205
 

【登壇者プロフィール】

大熊 直子(おおくま・なおこ)
(株)絨毯ギャラリー代表取締役。1970年大阪生まれ。製薬会社勤務後、父の会社(絨毯ギャラリー)へ入社。両親のもとで絨毯のイロハを習い、2011年に社長に就任。手織り絨毯の魅力を伝えるべく、日本とイランを行き来し、精力的に活動中。また一方で「シルクロード絨毯塾」をたちあげ、全国の家具店やインテリアショップ向けの研修も行っている。「マツコの知らない世界」、「NHKおはよう日本」など、メディアに多数出演。


小林廉宜(こばやし・やすのぶ)
福岡県生まれ。九州産業大学造形短期大学部卒業後、三好和義氏に師事。
「世界の森」、「未来に残したい風景」をメインテーマとし、建造物や街角も含めた 地球のあらゆるフィールドで希少な自然や文化を撮り続けている。シルクロード横断、 フェルメール全作品の撮影など幅広く活動。旅先でのエピソードを記したエッセイも手掛ける。
ペルシャ絨毯の撮影では、2018年『絨毯で巡るシルクロード』(世界文化社刊)、2022年『GABBEH 遊牧民からの贈り物』(絨毯ギャラリー刊)の撮影を担当。
2022年12年間のJALカード会員誌『AGORA』の表紙とエッセイをまとめた『世界美景』(JALBOOKS刊)を出版。
他に代表作は、世界 25ヶ国、56か所もの森を訪ねた写真集『森 PEACE OF FOREST』( 世界文化社刊 )。2016 年「ナショナルジオグラフィック日本版」にて特集記事「森で目覚める生き物の感覚」が掲載された。
『森の惑星』(世界文化社刊)、『シルクロードを行く』(世界文化社刊)、『京都の狂言師―茂山千作』(世界文化社刊)、『脳と森 から学ぶ日本の未来』(WAVE 出版刊)、共著本多数。
日本写真家協会会員。
  • 日時 2022年9月2日(金)19:00-20:15
  • 場所 六本木 蔦屋書店 2F The Lounge
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト