【フェア・展示】映画『女神の継承』 公開記念ポスター展 ~六本木ホラーショーケース~

2F映像フロア 2022年07月26日(火) - 08月15日(月)
ただいま六本木 蔦屋書店 presents ホラー映画連続フェア企画“六本木ホラーショーケース” 開催中
 
“六本木ホラーショーケース”今回ご紹介する作品は、7/29㈮公開『女神の継承』です。
公式サイトはこちら
 
2016年に制作(日本公開は2017年)された韓国映画『哭声/コクソン』を覚えていますか?
韓国の鬼才、ナ・ホンジン監督によるオカルトスリラー作品で、國村隼の怪演が脳裏に焼き付いている方もいらっしゃるのでは?
その「コクソン」の続編としてナ・ホンジン監督が作り上げた企画を、タイで映画化したのが『女神の継承』です。
直接的な続編というよりは、その世界観を広げる立ち位置にあるとも言えますが、間違いなくあの邪悪な恐怖が宿った作品です。
監督を託されたバンジョン・ピサンタナクーン監督は、『愛しのゴースト』で愛らしい幽霊譚を撮った人物ですが、今回は容赦がありません。
皆様も一緒に地獄に飛び込みましょう!
 
 
 
【鑑賞前後に見たいオススメ作品】
『哭声/コクソン』
2016 | 監督: ナ・ホンジン
 
直接的な繋がりが多く語られる訳ではありませんが、こちらの作品を観ているとより『女神の継承』の世界観が深まります。
その逆も然りで、互いに補完関係にある作品かもしれません。
何よりめちゃくちゃ面白いので、未見の方は是非ご覧ください。
 
 
『呪詛』
2022 | 監督:ケビン・コー
 
既にSNSを中心に話題になっている台湾のホラー映画です。
とある禁忌を犯した女性が見舞われる最悪の恐怖を描いています。
「呪術廻戦」の影響で、呪術というものがカッコいい特殊能力のように受け入れられてきたように思いますが、これらのホラーを見ると決して近づいてはいけない恐るべき力だと実感します。
 
 
【半券スタンプラリー】
 
対象作品を映画館で鑑賞し、その半券を六本木 蔦屋書店でご提示頂きますと、鑑賞した作品の特製ブックカバーをプレゼント致します。
さらにスタンプを押印します。対象5作品コンプリートされた方には、特典をご用意しております。
注意事項
・スタンプラリー台紙は、一つ目押印の際にお渡しします。
・台紙はお一人様一枚でお願いします。
・ブックカバーは鑑賞作品の柄をお渡しします。
・押印、コンプリート特典お渡しの期限は、10/31㈪までとなります。
【フェア対象商品購入でブックカバープレゼント】
さらに!映像フロアの対象商品をご購入の方にも、オリジナルブックカバーをプレゼント。
ぜひGETしてください!
 
 
 
 
  • 場所 2F映像フロア
  • 期間 2022年7月26日(火)~8月15日(月)
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト