「ブツマ展2 ―囲みの中のナラティヴ―」企画展

アート
アートスペース 2020年01月11日(土) - 01月19日(日)
ブツマプロジェクト主催「ブツマ展2-囲みの中のナラティヴ-」を開催します。

「暮らしと祈りの『間』を考え直す」というコンセプトのもと、

媒体としての仏壇のあるべきかたちを探る「プツマプロジェクト」。

 

仏壇における最低限の形式を最小限の形状に落とし込んだ

「ブツマ展1(会期:2019.2.26- 3.3)」に次ぐ今展示では、

仏壇を仏壇として成立させる上で最低限の要素であるとされる、

本尊および須弥壇と三具足(花立・香炉・燭台)の歴史的背景や意味など、

仏壇というフレームによって境界を区切られた「中」で展開されるかたちについて考察します。

 

会場では、仏壇と仏具についての考察展示とともに、

ブツマプロジェクト監修で作られた新たな仏壇と仏具のプロトタイプも展示します。

 

ミニチュアの寺である仏壇や仏具の成り立ちから見えてくるのは、

仏教という哲学と、暮らしの中の祈りとの距離感。

 

最低限の機能と意味を知ることで、それぞれのライフスタイルに合わせて、

どのように仏壇と付き合っていけばいいのか考えるきっかけになればと思います。

 

ぜひ足をお運びください。

 

関連イベント 

2020年1月12日[日]15:30〜17:00

トークイベント「伝統としての仏壇。本質としての祈り」※要申込

https://store.tsite.jp/ropponmatsu/event/humanities/11928-1129351227.html

 

  • 日時 2020年1月11日[土]-1月19日[日]
  • 時間 7:00~23:00
  • 場所 アートスペース
  • 主催 八女福島仏壇仏具共同組合
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

STORE LIST

ストアリスト