「現代アートを買おう! お小遣いで買える現代アートコレクション入門」

アート
アートスペース 2018年 12月16日(日)

今回は「サラリーマンコレクター」として有名な宮津大輔氏をお迎えし、

一部のお金持ちだけでなく「普通のあなたがアートを買える」ということをご本人の体験も交えて

存分に語って頂きます。

聞き手には今年、日本の法人格では初となるモンブラン国際文化賞を受賞した寺田倉庫にて
美術品の保管等の主なアート事業を手掛け、美術品の輸送等を手掛けるグループ会社
「TERRADA ART ASSIST 株式会社」の代表取締役である是川泰之氏をお迎えします。

 

<登壇者プロフィール>

宮津大輔(みやつだいすけ) 

アート・コレクター、横浜美術大学教授、京都造形芸術大学客員教授。 

1963年東京都出身。広告代理店、上場企業の広報、人事管理職を経て現職。1994年以来企業に勤め 

ながら収集したコレクションやアーティストと共同で建設した自宅が、国内外で広く紹介される。 

2011年7~9月には台北當代藝術館(台湾・台北)で全館を使用した大規模なコレクション展 

が開催された。文化庁「現代美術の海外発信に関する検討会議」委員、「Asian Art Award 2017」 

審査員等等を歴任。 

著書に『アート×テクノロジーの時代』『現代アート経済学』(以上、光文社新書)や『現代アート 

を買おう!』(集英社新書/中国・金城出版/台湾・Uni Books/韓国・ArtBooks)等がある。

 

是川泰之(これかわやすゆき)

TERRADA ART ASSIST 株式会社 代表取締役
1979年兵庫県生まれ。大学卒業後、1年間のアメリカ留学を経て、携帯電話向け動画配信企業にて
配信するコンテンツの調達、新規サービスの立ち上げなどに従事。
その後、リテール企業のインターネット事業を展開する子会社立ち上げ等を経て、2012年7月寺田倉庫に入社。  
寺田倉庫ではシンガポール最大の美術品倉庫・輸送会社であるHelu-Trans (S) Pte Ltdと共にアジア地域を中心とした
美術品輸送・展示・梱包等を行う新会社「Helutrans-Terrada株式会社(現 TERRADA ART ASSIST 株式会社)」、
現代アートのギャラリーが多数入居する「TERRADA ART COMPLEX」、横浜美術大学「寺田倉庫寄付講座 修復保存コース」、美術品修復工房「TERRADA CONSERVATION LABORATORY」の立ち上げ等、美術品の保管・輸送・修復事業を中心としたアート事業に従事。

  • 日時 12月16日(日)
  • 時間 14:00~15:30
  • 場所 アートスペース
  • 主催 ART FAIR ASIA 実行委員会
  • 協力 TERRADA ART ASSIST 株式会社/六本松 蔦屋書店
  • 協賛 みぞえ画廊
  • 定員 50名
  • 参加費 無料
  • 予約 店頭またはお電話
  • お問い合わせ先 092-731-7760
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

OTHER STORES

他店舗情報