【フェア】蔦屋書店限定 2大予約特典付書籍『KYOSUKE HIMURO since 1988』(KADOKAWA) 予約受付

フェア
六本松 蔦屋書店 エンタメフロア 2020年09月14日(月) - 11月15日(日)
氷室京介の孤高なる軌跡を収めた愛蔵版

1988年の氷室京介ソロ活動開始以降、その軌跡を見つめてきた音楽ジャーナリスト・田家秀樹氏。

ファンクラブ会報誌『KING SWING』でのインタビュー・ライブレポートに加え、音楽雑誌で掲載した記事も含めて、年代順に編纂。

そこから見えてくるのは"氷室京介"というブレない生き様だった。1988年~2007年を編纂した「Ⅰ」、2008年以降を編纂した「Ⅱ」を布張りの上製本として上梓。その2冊を特製スリーブに収納したファン必携の愛蔵版。

 

書籍仕様:

スリーブケース:横138㎜×縦201㎜×束幅71㎜

本:横134㎜×縦195㎜×束幅32㎜ ※1冊分

装丁:四六判・上製布張り・2冊組(Ⅰ・Ⅱ)各600頁予定・豪華スリーブ付

定価:12,000円(税込)

発行:KADOKAWA

発売日:2021年2月18日

※完全受注限定版オリジナルポストカード付

 

■『KYOSUKE HIMURO since 1988』を六本松 蔦屋書店で予約された方には2大限定予約特典

① 還暦記念LXブックマークタグ

本の栞としても、紐を変えてIDタグとしても使用いただける、メモリアルなステンレス製ブックマークタグ。

『MEMENT KYOSUKE HIMURO』でインセンスを制作したNEIGHBOR&CRAFTSMANが制作。金属加工の精度の高さは秀逸です。

※画像はイメージです

 

②『作詞家・松井五郎×著者・田家秀樹 ON LINE TALKSHOW』視聴券

「MISTY〜微妙に〜」「KISS ME」「VIRGIN BEAT」など氷室京介の曲の数多くの作詞を手掛けてきた 松井五郎氏と『 KYOUSUKE HIMURO since 1988 』の著者・田家秀樹氏が氷室京介の軌跡を語るスペシャルオンライントークショーにご招待!

※オンライントークショーのご視聴にはインターネット環境が必要です。

※詳細は予約購入者にお知らせします。

 

【プロフィール】

田家 秀樹 (たけ・ひでき)

1946年、千葉県船橋市生まれ。

音楽評論家、ノンフィクション作家、放送作家、音楽番組のパーソナリティー。主な著書に、『オン・ザ・ロード・アゲイン~浜田省吾ツアーの241日』(KADOKAWA)、『読むJ-POP~1945-2004』(朝日文庫)、『70年代ノート』(毎日新聞)、などがある。

  • 会期 2020年9月14日(月)~2020年11月15日(日)
  • 時間 10:00~20:00
  • 場所 六本松 蔦屋書店 エンタメフロア
  • 主催 代官山 蔦屋書店
  • お問合せ先 092-731-7760
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト