”世界中でやりたいことを、やる”ためのマインドセット学 「この世界で死ぬまでにしたいこと2000」発売記念イベント

アートスペース 2019年 02月22日(金)
▼日時
2月22日(金)
19:30-21:00
場所:アートスペース
店員:40名
参加費:1,000円
申込先:tabippoサイトよりお申し込みください
 
 
好きなことばかりしてなんて、生きられない。
社会人として生活していくにつれ
日々そんな現実と向き合うことでしょう。
 
好きなことばかりして生きているのは、ほんの一握りの人。
だけど「一番好きなこと」をして生きている人なら、
周りを見渡せば、ちゃんといるんです。
 
そういった生き方をしている人の話を聞けるのが
今回のイベントです。
 
各業界で「自分が1番やりたいこと」を職業にしている人たちの頭の中は
いったいどんなものなのか。
登壇者三人の共通点は「旅」。
三人とも、人生の節目に長く壮大な旅をしています。
 
彼らが現在、やりたいことをやって生きているのに
彼らの旅はどう関係しているのでしょうか。
そして彼らがこの先も、やりたいことをやって生きるために必要と考える、マインド、戦略とは。
そして旅をすることの意味とは。
 
六本松 蔦屋書店とTABIPPOの共同企画により、
旅と仕事、このふたつのキーワードを
掘り下げていきます。
 

 
森卓也
六本松 蔦屋書店 旅のコンシェルジュ
 
30代のときに人生の転機を迎え
世界をこの目で見るまでは死ねないと決心。、
世界1周を2度、3年にわたり世界を放浪する。
 
帰国後、旅と本の知識を買われて九州TSUTAYAに入社。
六本松 蔦屋書店プロジェクトへ参加し、
「日本で一番旅をしている書店員」として
旅の書籍の選書、旅の相談、イベント等、
旅に関するあらゆる業務を担当する。
2018年11月、15日間の休暇をもぎとり3回目の世界1周へ。
今まで訪れた国は125カ国。
 
KBCテレビ「アサデス」はじめ
テレビ、雑誌、新聞、ラジオ等で旅関連の出演、執筆多数。
 
 
小林哲治
人の力設計室一級建築事務所主宰
九州産業大学非常勤講師
 
第5回佐賀の家賞受賞
bud brand プロジェクトにて
ミラノデザインウィーク2016、17年連続出展
 
20代の最後の年に、世界の集落を実測する旅へ出発。
約2年間、世界中を放浪しながら集落を実測、記録して帰国。
 
既成の価値観に満足せず、
常に新しく、そして楽しいライフスタイルを求めて、
建築家集団「八人力」(代表)や
ハダシ・デ・パレード、九州建築家バトル
マザープロジェクトなど、
さまざまなアイデアを形にする行動的建築家。
 
 
 
 
平野 嵐(ひらの あらし)
 
1993年和歌山生まれ。
潔癖・人見知り・偏食という旅に向いてなさすぎる性格だが、
20歳の時に行ったTABIPPOのイベントをきっかけに旅の魅力にとりつかれる。
 
大学4年次は休学し、フィリピン留学や世界一周のひとり旅へ。
大学卒業後は関西の商社で営業マンとして務めていたが、好きなことを仕事にすることを決め
2018年1月にTABIPPOにジョイン。旅人のための就職・転職支援サービス「旅人採用」の立ち上げに携わる。
 
将来の夢は地元に帰って、海と夕日の見える家でフレンチブルドッグと暮らすこと。
 
  • 日時 2月22日(金)
  • 時間 19:30~21:00
  • 場所 アートスペース
  • 参加費 1,000円
  • 定員 40名
  • お申込/お問い合わせ先 tabippoサイトより
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト