【POP UP】高畠 純『ピースランド』グッズ先行販売会

POP UP SHOP
アートスペース 2022年08月19日(金) - 08月21日(日)
世界中で戦争や紛争が絶えないこの時代に、心から安堵できる場所はあるのでしょうか。
 
絵本作家 高畠純さんが1981年(いまから40年以上前)に描いた初期作品「ピースランド」。
この作品で描かれているのは「何も起こらない平凡な一日」。しかし、私たちにとってそれこそが「掛け替えのない特別な一日」であることを再確認させてくれる作品です。
 
風のオルゴール、もじゃもじゃ頭のライオンの床屋さん、ビスケットの木、お昼寝あとの太陽みがき…。いますぐ出かけたくなる平和で愉快な島「ピースランド」の、ごく平凡な一日を切り取った物語。
 
『ピースランド』
発行年月日:1981年2月初版
作:高畠 純
発行:絵本館
グッズ製作/監修:issuance
 
商品は2023年春頃に、全国の本屋さん、絵本屋さんなどで販売を予定しています。
今回はそれに先駆けて、2022年8月19日(金)~8月21日(日)の3日間、六本松蔦屋書店アートスペースで販売いたします。
皆様のご来場をお待ちしております。
 
■高畠 純 ( たかばたけ じゅん ) 
1948年名古屋市生まれ。愛知教育大学美術科卒業。
『だれのじてんしゃ』(フレーベル館)でボローニヤ国際児童 図書展グラフィック賞、『オー・スッパ』(講談社)で日本絵本賞、『ふたりのナマケモノ』(講談社)で講談社出版文化 賞絵本賞を受賞。絵本に、『ピースランド』『どっちからよんでも』『なぞなぞはじまるよ』(絵本館)、『オレ・ダレ』(講談社)、 『うし』(アリス館)、『どうするどうするあなのなか』(福音館)、『十二支のことわざえほん』(教育画劇)、『まじょがか ぜをひいたらね』(理論社)など。また童話の絵に『ペンギン』シリーズ(講談社)、『モンスター・ホテル』シリーズ(小 峰書店)、『白狐魔記』シリーズ、『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』シリーズ(偕成社)など。
 
■BOOKSELLERSCLOTHING issue
本屋へ行こう(TO THE BOOKSTORE.)を合言葉に、シルクスクリーン職人、読書好きデザイナー、街の本屋さん、紙のプロフェッショナル、様々なジャンルのアーティストの協力のもと活動している、本屋限定のアパレルブランド。
 
  • 期間 2022年8月19日(金)~2022年8月21日(日)
  • 時間 11:00~19:00
  • 場所 アートスペース
  • お問合せ先 092-731-7760(六本松 蔦屋書店)
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト