津村修二のボードゲーム講座 in 六本松 蔦屋書店 【造形美で魅せる!アートなバランスゲーム】

その他
エレベーター側長机 2019年 03月25日(月)

ボードゲームクリエイターの津村修二が、ボードゲームの魅力を丁寧に紹介する講座です。

解説をじっくりと聞いた上でプレイ体験ができますので、より深くボードゲームの面白さを

知ることができます。初めての方にも、愛好者にも楽しんでいただける内容となっています。

 

今回は【造形美で魅せる!アートなバランスゲーム】と題し、芸術的で美しいバランスゲームを

紹介。美しいものは目の保養になる、と言いますが、ゲームですから、それだけじゃなく、

遊んで楽しんで、心の保養にもなります。

紹介するバランスゲームは手先だけじゃなく、頭もしっかり使います。あらゆる感覚を

研ぎ澄ませられる90分。ぜひご体感ください。

 

 

<紹介予定ゲーム>

 

棒状に卵型!ユニークな形の積木を積んでいく「バウザック」(Zoch/ドイツ)

 

転がる巨大な輪っかに積木を乗せる「ハムスターロール」(Zoch/ドイツ)

 

変幻自在!EVA素材のスポンジを刺して繋げる「ハウラ」(賽苑/日本)など。

 

 

<タイムスケジュール>

 

19:00-19:10  開会挨拶・今回の紹介ゲームについて(10分)

 

19:10-20:25  テーマとなるボードゲームのプレイ体験(75分)

 

20:25-20:30  閉会挨拶・振り返り・アンケート(5分)

 

 

<講師プロフィール>

津村修二

 

ツムラクリエイション代表。ボードゲームクリエイター/アーティスト。

1983年福岡生まれ。幼少の頃よりオリジナルのボードゲームや外遊びを考案し、

小学6年生の時に福岡市全住所が登場する巨大すごろく「福岡市大すごろく」を

制作。(2014年7月より福岡市博物館1階「みたいけんラボ」にて展示中)

2011年に「ツムラクリエイション」を起業。砂時計を使った新感覚の石取りオリ

ジナルゲーム「Amen-アメン-」の製作と販売を開始する。

そのほか、各種ゲーム会やアート展を企画・開催し、ボードゲームの楽しさやデ

ザインの美しさを伝える活動を続けている。

ファンファン福岡で「津村修二のボードゲームヌーヴォー」を連載中。

新聞・テレビなどメディアからの取材も多数。

現在、天神イムズ6階「つみきや」のスタッフとしても勤務中。

福岡大学商学部篠原巨司馬准教授ゼミ・ゲスト講師。

http://tsumura-creation.com/

 

 

 

  • 開催日 3月25日(月)
  • 時間 19:00~20:30
  • 場所 エレベーター側長机
  • 定員 8名
  • 参加費 1,000円(税込)
  • 予約 店頭またはお電話
  • お問合せ先 092-731-7760
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト