BONX BOOST / 次世代トランシーバー

モバイル|ワークスタイル|アウトドア|グリーンファンディング
距離無制限の通話で雪山を更に楽しく。ウェアラブル新デバイス

どんなに離れていても、どんなに強風でも、圏外を通り過ぎても、

話したいときに話せる。それが、クラウドファンディングで開発中の【BONX BOOST】と、BONXアプリ。BONX BOOSTは、トランシーバーでもない、ただのイヤホンでもない、「声を届ける」ウェアラブルデバイスです。

 

BONX BOOSTとは…

 

1.距離無制限で障害物も気にせずコミュニケーションが可能な新しいウェアラブルデバイス。

 

2.発話検知機能で雑音を拾わないため、雪山はもちろん、ロードバイク、デスクレスワーク、リモートワークでご利用いただけます。

 

3.防風フィルター、延長マイク、イヤーフックのオプションパーツでどんなシーンでも利用可能

 

 

距離無制限。トランシーバーよりも広範囲で、障害物も気にせずに通話できる。

 

「スノーボードでジャンプした後、後から滑る人に雪質を伝えられたらいいな」

「大技を決めたときみんなで歓声を上げたらもっと楽しくなるのに」

「はぐれることを気にせず、滑りを楽しみたい」

 

 

仲間と雪山に行ったとき、こんなふうに思ったことはありませんか?

しかし実際にそれをやろうとしてスマートフォンで通話し続けるとパケット代がかさみますし、風の音や周りの雑音でうるさかったりしますよね。気温が低いスキー場ではバッテリーの減りが早かったり。それにスマホを取り出すために手袋の着脱も面倒…

 

スマートフォンがダメならトランシーバー!と思っても、通常、トランシーバーの通信可能距離は、特小無線のみで200〜500m。免許を取得しデジタル簡易無線を使ったとしても代替5kmです。実際には、距離が長くなるほど障害物も増えて電波干渉に弱くなるため、実際にはスペックの50%も出れば良い方…話すために都度ボタンを押さなきゃいけないのも億劫です。

 

とは言っても、せっかく友人や同僚と雪山に来たのだから、離れていても気軽に声を掛け合うことができれば、絶対に楽しい時間になるはず!そんなときに使ってほしいのが、この「声を届けるウェアラブルデバイス【BONX BOOST】」です!

 

たった10gのデバイスをどちらかの耳に装着し、BONXアプリをダウンロードをすれば準備OK!最大3つのボタンを操作するだけで、最大30人とのコミュニケーションが、最長10時間連続で可能となります。

 

元々、スノーボード中に仲間と「雪山で、滑りながら話したい。」という思いと向き合い、最先端の技術を結集し誕生したBONX。今では、世界中の日常から業務の様々なシーンまで、クルー、チーム、ファミリーをつなぐ、世界で、最も多目的な音声コミュニケーションプラットフォームへ進化しました。

  • 購入について クラウドファンディング中
  • 重量 10g
  • 本体サイズ 縦約28mm ✕ 横約30mm ✕ 厚み約29mm
  • 連続通話時間 10時間以上
  • 待機時間 最大約500時間以上
  • 充電方式 Type-C
  • 充電ケース あり
  • バッテリー方式 リチウムイオン電池
  • 防塵防水性能 IP55
  • 操作ボタン数 3つ
  • マイク方式 デュアルマイク方式
  • 風切り音対策 風防フィルター内蔵/外風防(スポンジ)
  • 左右切り替え 反転のみ/パーツ不要
  • シリコンイヤーキャップ SML3サイズ付属
  • シリコンイヤーハンガー SML3サイズ付属