RETHINKING TOBACCO

ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS クリエイティブイノベーション部門 ACCゴールド

RETHINKING TOBACCOは,植物のタバコを活用したバイオテクノロジーによって農業,そして食の未来を変えるプロジェクトです.
別の植物同士をつなぎ合わせることで,美味しさや病害への抵抗性などを向上させる
伝統的な農業手法である“接木”.
これまでその組み合わせは近い品種に限られていましたが,植物のタバコを媒介させることで,あらゆる種の植物との接木が実現する“異科接木”の手法(iPAG)を発見しました.
たとえばやせた土地への耐性の強い植物に対して実のなる植物を接ぐことで,今まで砂漠では育たなかった野菜なども大きく成長することが可能となります.
さらにタバコを介してゲノム編集などのバイオテクノロジーを応用することで,遺伝子組換えを用いずに育種を大幅に効率化できることがわかりました.
砂漠化・塩害土壌などの世界的な環境変化や,人口増加に対応できる農業を実現し,
わたしたちの未来の食糧不足の解決を目指します.
アメリカで開催されたSXSW2019へ出展し、本プロジェクトを世界へ向けて発信しました.