HAKONIWA / デジタルアート作品/daisy*

1. アバターとなって
2. バーチャルな世界を
3. 冒険しよう
 
Q.daisy*とは
2004年に3DCG映像やビデオゲームを制作するチームとして創立して以来、エンタテインメント分野を主軸としながらそれらのノウハウを活かしてアート制作や新規事業のプロトタイピングなどを行う。
近年は映像、ゲーム制作と共にデジタル・アートを制作し海外の展示会にも参加し日本政府主催の「日アフリカフォーラム」や軽井沢ニューアートミュージアムなどで展示しNHK「日曜美術館アートシーン」などで作品が紹介された。2016年からスタンフォード大学とインターンシッププログラムで毎年共同プロジェクトを行うなど、アートとテクノロジーの交差する可能性を模索する。
 

 
Recommend
子供のころ、ゲームの世界に入ってみたいと思ったことがある。
スーパーファミコンが流行ったあの頃、僕たちは架空に広がる世界に憧れ、夢中になった。
まだバーチャルとリアルは画面を隔てかけ離れた存在で、ずっと未来の話だと思っていた。

Daisuke Kizaki(株式会社蔦屋家電エンタープライズ)