CLEAN BOX / 「冷やす」ゴミ箱

住まい|グリーンファンディング
「冷やす」ゴミ箱

1.あの紙オムツの臭いが凍る!
2.食べた後の生ゴミの鮮度が落ちない!
3.食品を気にせずいろいろなものを冷凍保管!

 

Q.開発に至ったきっかけは?

「冷凍庫に生ゴミっていれますよね?」社内ブレストでのメンバーの何気ないひと言がきっかけでした。おもしろい発想だなと感じたのでリサーチを重ねたところ、想像以上の人から「生ゴミを冷やしたことがある」という回答をいただきマーケットの可能性を感じました。ただ、一方でキッチンの冷凍庫は食品のための空間という意識が強く、抵抗のある人も多いと思います。それだったら、いろいろな用途に対応できる「冷やすゴミ箱」のようなものをつくれば、みんなが幸せになると思いました。

 

Q.製品の特徴・こだわった部分

・スリムな筐体にたっぷり収納できる20リットルサイズ!
・室内のさまざまな「隙間」への設置を考慮したサイズ設計!
・インテリアを選ばずどこにでも置けるステンレス調の仕上げ!
・ファンレスで省エネを実現!一日あたり平均で9.2円の電気代で稼働!

  

Recommend

家を出て「今日ごみの日だったな…」と気付いた日、泣く泣く冷凍庫に生ごみを保管したことは誰しもある(?)だろう。ただ、どうしても衛生面は気になる。。ならばと専用の冷凍庫を用意すればと開発されたものがCLEAN BOXである。いつの日か一家に1台必須になる日も来るだろう。

 

Takehito KATO(株式会社蔦屋家電エンタープライズ)

  • 購入について クラウドファンディング中
  • 寸法 W230mm × D443mm × H690mm
  • 重量 約13kg
  • 年間消費電力量 124.5kW
  • 周波数 50/60Hz
  • 保証期間 1年
  • 生産国 中国
  •   ※開発中の製品につき、デザイン・仕様が一部変更になる可能性がございます。