Koala A-1 / 紙製高音質スピーカー

音楽|グリーンファンディング
日本の紙加工技術で実現

数十万円クラスの高級オーディオを超える音を目指して
Koala A-1は15年以上に渡りスピーカーを製作してきた設計者が、優れた紙加工技術を持つ岐阜のマルタ工業と手を組んで生まれた新しいBluetooth/有線入力対応高音質スピーカーです。
本体の大部分が紙で作られており、紙の優れた音響特性を最大限活かした設計を行うことで、従来にない価格性能比で極めて自然で生々しい音を出すことができます。
高級オーディオでも出すことが難しい生々しさ、人の声の息遣い、ピアノがホールに響かせる音の広がり、ウッドベースの弦が弾かれたときの空気の揺らぎをも高いレベルで表現します。
 
紙で実現した理想の高音質
紙は優れた音の減衰特性を持ち、不自然な響きを出しづらいという特徴があります。そのため紙はスピーカーの振動板の材料として長く使われてきました。
Koala A-1においてはスピーカーの本体の構造部も含めて紙で作るという非常に大胆な設計を行い、コストを一定程度に抑えながら不要な響きが抑えられた、自然で生々しい音の出るスピーカーを実現しました。
 
"紙"がスピーカーの材質として優れている理由
スピーカーのキャビネットとして理想的な材質は、余分な振動が収まる特性があるものです。木や金属といった一般的なスピーカーのキャビネットとして使われている材質と比べると紙は理想により近い特性を持っています。
Koala A-1では紙をキャビネット部に全面採用することで雑味の少ない自然で生々しい音を実現しています。
素材の音響的性質の違いは叩いた際に分かります。金属を叩けばチーンという響きが、良質な木材を叩くとコーンという響きが聞こえます。一方で紙はというと叩いてもあまり響きが聞こえません。
楽器であればこういった固有の響きは音色として人を心地よくしますが、ことスピーカーではこれは余分な響きとして聞こえてしまうことがあります。例えばスピーカーが鉄琴の音を再生しようとして、木製キャビネットが木の響きを出してしまった場合、これは意図しない音の混ざりになってしまいます。
スピーカーにおいては固有の響きを加えないということが基本的には大事であり、紙素材はスピーカーのキャビネットの材質として向いているといえます。
Koala A-1では構造計算を駆使し紙の特性が生きた最適な設計がされています。大きな音からどんなに小さな囁きも、曇りなくレスポンス良い音を感じていただけます。
  • ご購入について クラウドファンディング中
  • 本体寸 約152x640x172mm
  • 重量 約2.8kg
  • ユニット構成 フォスター電機製10cmフルレンジ
  • エンクロージャー方式 ダブルバスレフ方式
  • 周波数特性 45~20kHz
  • 音声入力 ワイヤレス接続(内蔵アンプ使用)|Bluetooth(SBC/ACC)、有線接続(内蔵アンプ使用)|3.5mmステレオミニ、外付けアンプ使用|ネジ式スピーカーターミナル
  • 内蔵アンプ アンプ形式|λ Reality SD、DAC(Bluetooth接続時)|Burr-Brown製 ΔΣ方式
  • 外付けアンプ入力 定格入力|3W/ch、10W/ch
  • 電源 電源端子|USB Type-C、電圧|9V、12Vから自動選択
  • 本体保証期間 一年間無償保証