【イベント】吉川宏志×吉岡太朗【社会と向き合う短歌】 『石蓮花』×『世界樹の素描』ダブル刊行記念

文学
梅田 蔦屋書店 4thラウンジ 2019年 04月27日(土)

短歌結社「塔」の主宰である吉川宏志さんの第八歌集『石蓮花』(書肆侃侃房)と
吉岡太朗さんの第二歌集『世界樹の素描』(書肆侃侃房)の刊行を記念して、トークイベントを開催します。

吉川宏志さんの『石蓮花』では身近な人の喪失に加え、沖縄の基地や福島の原発が歌われています。 
また、吉岡太朗さんは、大きな話題をさらった第一歌集『ひだりききの機械』に引き続き、『世界樹の素描』でも、
職場である介護現場の歌が多く詠まれています。

共に、その作品から、社会と真摯に向き合う姿勢を強く感じさせる、吉川宏志さんと吉岡太朗さん。

京大短歌会という同じ学生短歌会の出身でもあるお二人に、お互いの歌集については勿論、短歌の技巧や文体、結社や世代間の断絶、
そして、短歌の可能性について、存分にお話していただきます。

当日は 1時間のトークイベントの後、30分のサイン会を予定しております。

 

【スケジュール】

16 : 30 開場 
17 : 00 ~ 18 : 00 トークイベント 
18 : 00 ~ 18 : 30 サイン会

 

【プロフィール】

吉川宏志(よしかわ・ひろし) 
1969年宮崎県生まれ。京都大学文学部卒業。現在、京都市在住。
1995年、第1歌集『青蝉』を刊行。翌年、第40回現代歌人協会賞を受賞。2016年刊行の第7歌集『鳥の見しもの』で、
第21回若山牧水賞と第9回小野市詩歌文学賞を受賞している。
歌集は他に『夜光』『海雨』『曳舟』『燕麦』などで、最新刊は『石蓮花』(書肆侃侃房)。評論集に『風景と実感』『読みと他者』など。
塔短歌会主宰。京都新聞歌壇選者。

吉岡太朗(よしおか・たろう) 
1986年、石川県小松市に生まれる。
2002年、J・R・R・トールキン「ニグルの木の葉」を読み、創作を志す。
2005年、井辻朱美に触発され、短歌をはじめる。
2007年、3 0首連作「六千万個の風鈴」にて第50回短歌研究新人賞を受賞。
2014年、第一歌集『ひだりききの機械』(短歌研究社)を刊行。2019年、第二歌集『世界樹の素描』(書肆侃侃房)を刊行。

 

【注意事項】

・お座席は自由席です。会場にお越しの順にお入りいただきます。
・サイン会は、当店でご購入いただいた書籍に限らせていただきます。
〈イベント会場にて即売会もございます)
・会場でのご飲食は9Fでお買上の商品のみとさせていただいております。
・録音・録画はご遠慮頂いております。
・お客様ご都合によるキャンセルは承っておりません。予め御了承ください。
・本イベントはTポイント・ルクアポイントは対象外となります。

  • 会期 2019年4月27日(土)
  • 時間 17:00~18:30(開場16:30)
  • 場所 梅田 蔦屋書店 4thラウンジ
  • 参加費 1,500円(税込)
  • 申し込み方法 事前に当店予約フォームより申し込みいただき、当日受付時にてお支払いください。(*お釣りの無いようお願い申し上げます)
  • 定員 80名
  • 講師/ゲスト 吉川宏志
    吉岡太朗
  • 主催 梅田 蔦屋書店
  • 共催・協力 書肆侃侃房
  • 問い合わせ先 umeda_event@ccc.co.jp

イベントスケジュール

ご予約の際は以下の手順でお申込みください。
複数名のお申込みの場合も、お一人ずつお申し込みください。

  • お申込み手順1

    以下のイベント一覧より、ご希望のイベントをクリックしてください。

  • お申込み手順2

    内容をご確認の上、「予約」ボタンをクリックし、必要事項を入力して、予約手続きを行ってください。

  • お申込み手順3

    予約完了メールが届いたら完了です。当日会場へお越しください。

※スマートフォンの方は専用ページからカレンダーをご確認ください。

スマートフォンの方はこちら
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト