イベントスペース

ORIGIN

名前の由来

30年経っても、ただひとつの夢を追い続けています。

「作家は処女作に向かって成熟する」。これは文芸評論家・亀井勝一郎氏の言葉です。
処女作にはその作家にとってのテーマが含まれているという意味ですが、
これはなにも文学に限ったことではありません。
代官山 T-SITEは、プロジェクト発足当時、
「次世代のTSUTAYAを作る」ことを核に動き出しました。
しかし突き詰めてみると、それは創業当時の夢を辿ることだと気づいたのです。
1983年、大阪の枚方にTSUTAYAの原点ともいえる店が誕生します。名前は「蔦屋書店」。
めざしたのは、「本、映画、音楽を通してライフスタイルを提案すること」でした。

それから約30年もの時が流れます。
あの頃、蔦屋書店に訪れていた人たちは、今でも本を手にしているだろうか。
映画を堪能し、音楽に耳を傾けているだろうか。
彼らがライフスタイルを発見できる場を私たちは提供しているだろうか。
今一度、開業当時に抱いた夢と向き合うことにしました。
ここのTSUTAYAは「代官山 蔦屋書店」を名乗ります。


代官山 蔦屋書店を中核としていくつもの小さな専門店が
気持ちのいい遊歩道で結ばれる、この施設全体の名前は「代官山 T-SITE」と名づけました。
T-SITEとは、弊社CCCグループがライフスタイル提案をするポータルサイトの名前でもあります。

蔦屋書店の北側、専門店群が散歩道で繋がるエリアは、
NTT都市開発株式会社の協力を得て開発しました。
本から顔を上げ、ふらりと外に出ると広がっている気持ちのいい庭として
友人や子供、愛犬と一緒に足をお運びいただける場所です。

STORE LIST

ストアリスト