【展覧会】グループ展「Up_02」

アート|GINZA ATRIUM
2021年12月29日(水) - 01月12日(水)
銀座 蔦屋書店は、「⻤⼤名」(⻤頭健吾・⼤庭⼤介・名和晃平)が新進の作家を紹介する企画展「Up_02」を2021年12⽉29⽇(水)〜2022年1⽉12⽇(水)の期間、銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUMにて開催いたします。
 
現代美術家としての制作の傍ら京都芸術⼤学⼤学院で教鞭を取る⻤頭・⼤庭・名和(通称:⻤⼤名)は、ゼミでの活動の⼀環としてこれまでにARTISTS' FAIR KYOTO、スターバックスコーヒー 京都BAL店、ホテルアンテルーム京都・那覇・ソウルの企画に携わり、⻄⽇本を中⼼に若⼿作家の作品を社会に広く紹介してきました。
「Up」は、東京で初めて開催された⻤⼤名による企画展です。第⼆回⽬となる「Up_02」では、⻤⼤名のゼミの卒業⽣を中⼼に、1985年⽣から1997年⽣までの合計8名の作家が選出されました。彼らの作品を通じ関⻄のアートシーンの熱量を銀座の地で感じていただければ幸いです。出展作家は、家⽥実⾹、⽵内義博、新正春、⼩宮太郎、神⾺啓佑、⼟取郁⾹、三浦光雅、⽯⿊健⼀の8名。
 
[アーティストプロフィール]
※50⾳順
 
家⽥実⾹(いえだ みか)
1992年⽣まれ。主な展⽰に2021年「ブレイク前夜 in 仙台」Gallery A8T(宮城)、個展「溶けない⼼臓」roid works gallery(東京)など。
 
⽯⿊健⼀(いしぐろ けんいち)
1986年⽣まれ。2014年に京都と滋賀の県境に位置する「⼭中suplex」を共同で⽴ち上げ、現在も同スタジオを拠点に活動。
 
⼩宮太郎(こみや たろう)
1985年神奈川県⽣まれ。個⼈の作家として絵画や写真作品をはじめ、回転するオブジェや、空間を利⽤した騙し絵的なインスタレーションなど⼈の視覚からの認知機能にアプローチする作品を制作。
 
神⾺啓佑(じんば けいすけ)
1985年愛知県⽣まれ。2019年「当然の結末#6(共同住宅、個⼈的体験)」LEESAYA(東京)、2018年「当然の結末#3(好物の話)」VOU(京都)など。
 
新正春(しん・まさはる)
1996年⼤阪府⽣まれ。2020年「NONIO ART WAVE AWARD 2020」岩渕貞哉審査員特別賞、2020年「Shell美術賞2020」⼊選。
 
⽵内義博(たけうち よしひろ)
1987年⾼知県⽣まれ。京都府伏⾒区を拠点に、少年時代に親しんだTVゲームの思考で画⾯構成した絵画作品を制作している。
 
⼟取郁⾹(つちとり ふみか)
1995年兵庫県⽣まれ。2020年 個展「⾻と⽪(⽕を灯す・薔薇をみつけて来なければ)」WAITINGROOM(東京)、「SUBJECT」アンテルーム京都(京都)など。
 
三浦光雅(みうら こうが)
1997年東京都⽣まれ。近年の展⽰に「exhibition from shu」Y gion(京都)、「perspective」biscuit gallery(東京)、「RENACER」神⼾元町 歩歩琳道画廊(兵庫)など。
 
[展覧会詳細]
「Up_02」
 
会期:2021年12⽉29⽇(⽔)-2022年1⽉12⽇(⽔)
時間:11:00〜20:00
※会期、時間は変更になる場合もございます。
会場:銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM
⼊場:無料
主催:銀座 蔦屋書店
協⼒:⻤⼤名 / 株式会社サンドイッチ
お問い合わせ:03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
 
[作品の販売について]
銀座 蔦屋書店店頭・アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術⼿帖」にて販売いたします。
店頭:12⽉29⽇(⽔) 11:00より販売開始
オンライン:12⽉29⽇(⽔) 12:00より販売開始

※プレセールスで⼀部作品が成約済みになる可能性がございます。
 
\オンラインストアで購入する/
12⽉29⽇(⽔)12:00より販売開始
 
  • 会期 2021年12⽉29⽇(⽔)-2022年1⽉12⽇(⽔)
  • 時間 11:00〜20:00
  • 会場 銀座 蔦屋書店GINZA ATRIUM
  • ⼊場 無料
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • 協⼒ ⻤⼤名 / 株式会社サンドイッチ
  • お問い合わせ 03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト