【ギャラリーEN ウォール】岡田舜 個展「stage」

アート
2023年01月14日(土) - 01月31日(火)

「Water fall」2022/oil on canvas mounted on panel/F50  

ファミコンのバグ画⾯をモチーフに描く岡⽥舜が展開する⻘の連作。個展「stage」を2023年1⽉14⽇(⼟)より開催いたします。

 

  • ・概要

 

岡⽥舜は、ファミコンの画⾯と「バグ」を主な題材にした絵画を制作するアーティストです。

学生時代にこれまでの制作に行き詰りを感じた岡田が、制作から逃避するように手を伸ばしたのがファミコンゲーム。そこで偶然目にしたバグ画面を直感的に画面に写し取ることにしたといいます。

バグの画面をキャンバスに投影し、単に写すだけにとどまらず、画面に絵の具をぶつけたり削ったり、画面をひっくり返したりと様々なアクションを加え、途方もない手作業の反復によって作り上げる作品。その作品を目の前にすると、現実でバグ画面と相対した際のいらだち、戸惑い、悲しみといった感情をも作品に昇華され、崩れたデジタルの画像からは想像もつかない迫力と物質感に圧倒されるものがあります。

 

「stage」と題された本展では、ゲーム画面をスクロールするような展示構成で、新作を含む9点を展示発表いたします。キービジュアルとなる「Water fall」は、滝の画面を拡大して描かれたF50の力強い3連作。

ファミコン時代のドット絵は、予めブラウン管で見られることを想定しており、元データの画像とは図像が異なることに着目、出力するメディアによって図像が違うように見えるのであれば、テレビではなく人間によって出力したらどうなるのかという興味から取り組まれた制作です。

東京を中心に精力的に制作・発表を続ける岡田の新境地を見ることができる展示となっています。

 

今ではノスタルジー感さえある一つの時代の象徴的なアイテムであるファミコンの、そのバグ画面という特殊な瞬間に魅入られ、画面と立ち向かい試行錯誤し別世界を見出す岡田の視点をご高覧ください。

 

  • 作品販売について

 

京都岡崎 蔦屋書店 店頭にて、2023年1⽉14⽇(⼟)10:00より販売します。

アートのオンラインマーケットプレイス「OIL by 美術⼿帖」でも同時に販売いたします。

https://oil.bijutsutecho.com/gallery/1022

※作品はプレセールスの状況により展覧会会期開始前に販売を終了することがございます。

 

 

  • アーティストプロフィール

 

岡⽥ 舜(おかだ・しゅん)

1992年 茨城県⽣まれ

2016年 東京造形⼤学美術学科絵画専攻領域卒業

2017年 多摩美術⼤学⼤学院美術研究科修⼠課程修了

 

グループ展

2013年 「卒業後展」(⼋王⼦東急スクエアビル)企画・展⽰

2016年 「ZOKEI展」(東京造形⼤学)ZOKEI賞

2016年 「美⼤⽣展」(SEZON ART GALLERY)

2017年 「Walking the string」(みんなのギャラリー)

2017年 「Kaohsiung art fair」(⾹港)

2018年 「三井不動産商業マネジメント office exhibition」(三井不動産マネジメント オフィスフロア)

2018年 「Overcoming」(ロシア)

2018年 「ゲームポリへドロン」(中央本線画廊)

2019年 「⽬を捧げよ」(銀座蔦屋書店アートウォールギャラリー)

2021年 「岡⽥舜 安部悠介 ⼆⼈展 底のない深さ」(commune gallery)

2022年 「MEGA」(SH GALLERY)

 

個展

2019年 「retrojective」(Tav gallery)

2020年 「砂嵐」(commune gallery)

2021年 「under/stand」(commune gallery)

2022年 「ut0p1a」(Calm and Punk gallery)

2022年 「2015-2022」(TENSHADAI)

 

 

  • 展覧会情報

 

岡⽥舜 個展「stage」

期間|2023年1⽉14⽇(⼟)〜1⽉31⽇(⽕)

8:00〜20:00 ※初⽇のみ10:00〜20:00

会場|京都岡崎 蔦屋書店 GALLERY EN ウォール

主催|京都岡崎 蔦屋書店

お問い合わせ|075-754-0008(営業時間内)

※終了⽇は変更になる場合があります。

 

 

一覧に戻る

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト