【ワークショップ】引き染めでつくる和モダンながま口

ワークショップ・コミュニティ
1階 くらしのコーナー 2022年 01月15日(土)
ただいま、奈良蔦屋書店では『暮らしにいいものフェア~日常にこそ、美しいものを~』と題して、中嶋健さんの引き染めと見野大介さんの器ご紹介しています。
そこでフェア連動の企画としまして、中嶋健さんの引き染めの生地を使用したがま口づくりのワークショップを開催いたします。貴重な体験ができるこの機会に、どうぞご参加くださいませ。
 
【内容】

伝統技法”引き染め”の技術を用いて、刷毛(筆)で生地を染めていきます。
その後、染めた生地を使って、がま口を作ります。
当日体験していただくのは生地を染めるところまでです。染めた生地は、蒸し加工・色どめを行い、がま口に仕上げてご自宅に郵送させていただきます。

※完成がま口サイズ:幅18cm×高さ14cm
※お届けまで1か月半ほどかかります。
※当日は汚れても良い服装でお越しください。
 
 
【日程】
2022年1月15日(土)
10:00~11:00 / 13:00~14:00
 
【参加費】
4,500円(税込・送料込)
※当日現金にてお支払いください。
※作品のお渡しは後日、がま口に仕上げて郵送いたします。
 
【定員】
午前の部・午後の部 各4名
 
【お申込み方法】 
下記メールアドレスまたはインスタグラムDMに必要事項を明記の上、お申し込みください。 
メール: commonbridge2013@gmail.com
インスタグラム:https://www.instagram.com/takeshi.nakajima/
※ご希望のイベントタイトル・時間(午前の部または午後の部)・お名前・参加人数・当日のご連絡先を明記してください。 
※お申込みは開催日の2日前に締め切りとなります。当日ワークショップ会場での受付も承ります。 
※当日のキャンセルはご遠慮頂きますよう、ご理解とご協力をお願い致します
 
【プロフィール】 
中嶋健

2006年  京都造形芸術大学(現京都芸術大学) 卒業
2008年に渡米。海外の文化やデザインを学び、この経験が改めて日本文化を見直すきっかけとなる。
2013年  染色の世界へ。日本文化の継承と新たな時代への変化をコンセプトに、「引き染め」の技法を用いたユニークな染色作品を制作。京都を拠点に活躍の場を広げている。
 
 
【奈良 蔦屋書店内でのイベント開催につきまして】
▼会場内での感染予防対策
・お客様用の手指消毒液を各入口に設置しております。
・ソーシャルディスタンスを保った座席配置を致します。
▼スタッフの感染予防対策
・出店前の検温/確認
・体調不良時/発熱時の出店出勤の停止
・手指の定期的な消毒の徹底
・マスク着用の徹底および咳エチケットの励行
▼お客様へのお願い
・ウイルス感染の可能性のある方/体調のすぐれない方はご来場をお控えください。
・ご来場時のマスク着用/手指の消毒は必須とさせて頂きます。
・咳エチケットの励行にご協力をお願い致します。
・厚労省が推奨する新型コロナウイルス接触確認アプリCOCOAのダウンロードをお願い致します。
※COCOAとは、利用者ご本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(Bluetooth)を利用して、お互いに分からない様プライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受ける事が出来るスマートフォン向けアプリです。
・社会情勢により、イベントを中止する場合がございますので、予めご了承下さい。
  • 会期 2022年1月15日(日)
  • 時間 10:00~11:00/13:00~14:00
  • 場所 1階 くらしのコーナー
  • 主催 中嶋健
  • 共催・協力 奈良 蔦屋書店
  • 問い合わせ先 commonbridge2013@gmail.com
一覧に戻る

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト