【展覧会】ソー・ソウエン ⼩内光 ⼆⼈展
「(あなた以外の全てが⾒える)(I see all but you)」

アート
2022年01月15日(土) - 01月25日(火)
アーティスト ソー・ソウエン(Soh Souen)と詩⼈・⼩内光(おさないひかり)による⼆⼈展「(あなた以外の全てが⾒える)(I see all but you)」を GINZA ATRIUMにて開催いたします。期間は2022年1⽉15⽇(⼟)〜1⽉25⽇(⽕)。
ソー・ソウエンは、福岡を拠点に、平⾯やパフォーマンスなど、“⾃⼰・他者性・⾝体"をテーマにした作品を発表。
⼩内光(おさないひかり)は、東京を拠点に、詩やテキストの執筆と並⾏して、⼟を焚⽕で焼き締めた⽴体作品を制作、発表してきました。
 
本展は、学⽣時代から⼩内の作品を読み込んでいたというソーが、「銀座の会場に“⼤きな弱さ"を持ち込みたい」という思いで⼩内に声をかけ、⼆⼈展として開催することになりました。
それぞれ異なる素材・⼿法・形態で表現活動をする両名は、開催にあたり、発表されることのない、作品の下書きや未完成原稿、制作⽇記などを交換し合うことを決め、約⼀年間にわたって対話をかさねてきました。
やがて、「私」と「⾝体」、「私」と「あなた」といった関係性の境界に存在するものに着⽬。会場では、作品/空間の関係を⾝体的に問う展⽰空間を作り上げます。
 
ソーは、右⼿と左⼿の動きをシンクロさせて描くパステル作品のほか、漂⽩剤を⽤いて作家の⾝体を布にトレースした作品や、初となる映像作品を発表。
⼩内は、本展のために制作した新作詩集『宝⽯の展望台から湖が⾒える』を発表。会場では先⾏発売を⾏います。
 
[展示予定作品(⼀部)]
 
ソー・ソウエン Why do I have two hands, eyes, and nipples on my both sides?
(どうしてわたしの⼿は、⽬は、乳⾸は2つあるの?)
2021 2,273×1,818mm キャンバスにパステル
 
ソー・ソウエン Bleaching#1 2021 2,213x1,818mm 布に漂⽩剤
 
ソー・ソウエン Bleaching#2 2021 2,213x1,818mm 布に漂⽩剤
 
小内光 壺(幽霊) 2021 135×145×125mm 陶土、土、砂
 
小内光 魚の形 2021 310×160×70mm 陶土、土、砂
 
[アーティストステイトメント]
 
⾒間違いや思い込み、誰に何を伝え何を伝えないのかという選択は、この地球上で⽣きて他⼈と関わろうとしている限り全ての⼈に起こり続けています。他者を理解することが本質的に不可能だとしても、しかしここにいる「その⼈」が何を考え、持ち上げられた⼿が何をしようとしているのか、開かれた⼝が何を語ろうとしているのかを知りたいと強く願うことは、理解できる/できないという区分けとは全く別の、⾒晴らしのよい場所へ私たちを導きます。
作品もまた、そこに現れた時点で何者とも混ざり合うことはありません。それは作者であっても同じです。私たちがこの展覧会のために続けてきた対話や交換が、完結したフィクションである作品に実際にどのような影響を与えたかを確かめることはできません。
触れれば崩れてしまうパステルや、漂⽩され痛んだ布、署名のない⻩⾊い本、⼤きな⾷堂テーブル、焦げついた陶器のオブジェといったマテリアルは確かに空間に同時に存在しています。タイトルで切り分けられた作品と作品の間にあるもの、テキストには書かれなかったもの、それらは果たして本当に⽬には⾒えないのでしょうか?
そして⽬に⾒えなければ、誰かと共有できなければ、それらは確かにあったとは⾔えないのでしょうか?私たちがそこにいるとき、常に触れ合う境界には《私》でも《あなた》でもない存在があります。
ここでは⽔の中を泳ぐ⿂のように、その境界の移り変わりを肌で感じていただくことができればと願っています。
 
あったことやなかったことは冷たい⽔みたいに完全に混ざりあって注がれている
そこで飼う⿂のようなわたしのことを考える冷たい⽔のようなわたし以外のことを考える
(⼩内光『宝⽯の展望台から湖が⾒える』より)
 
ソー・ソウエン    ⼩内光
 
[アーティストプロフィール]
ソー・ソウエン (Soh Souen)
1995年福岡県⽣まれ。北九州市在住。
⾃⼰や⾝体の流動性を主なテーマに、絵画・インスタレーション・パフォーマンスなどを⼿がける。主な展覧会に「ささやかな叫び」(The mass、東京)、「We will sea - Sara Milio and Soh Souen」(虚屯、福岡)など多数。
 
⼩内光 (おさないひかり)
1993年新潟県⽣まれ。東京都在住。
記憶や夢、思い出が持つ永続性(半分永遠)と、⾁体に訪れる寿命との関係をテーマに詩やテキスト、⽴体作品を制作している。第18回中原中也賞最終候補(後藤ユニ名義)。主な著作に『300年のヒント』『わたしの虹⾊の⼿⾜、わたしの虹⾊の楽器』、またそれぞれ同名の展覧会がある。
 
[販売について]
●作品販売
銀座 蔦屋書店店頭にて販売いたします。
店頭|2022年1⽉15⽇(⼟)11:00〜
※⼀部作品はプレセールスで完売している可能性があります。
 
●小内光 新作詩集『宝石の展望台から湖が見える』銀座 蔦屋書店先行販売
⼩内光 新作詩集『宝⽯の展望台から湖が⾒える』
価格|2,700円+税
体裁|⾴数:176⾴/製本:上製本/判型:116×170mm
設計|明津
部数|1,000部
 
  • 会期 2022年1⽉15⽇(⼟)〜1⽉25⽇(⽕)※終了⽇は変更になる場合があります。
  • 時間 当店Webサイトをご確認ください。
  • 会場 銀座 蔦屋書店 GINZA ATRIUM(イベントスペース)
  • 主催 銀座 蔦屋書店
  • お問い合わせ 03-3575-7755(営業時間内) / info.ginza@ccc.co.jp
mail

メールマガジンで、イベント·フェア情報をいち早くお届けしています。ぜひご購読ください。

メルマガ登録はこちら
一覧に戻る

EVENT REPORT

RELATED EVENT

RELATED ITEMS

STORE LIST

ストアリスト