include file not found:TS_style_custom.html

【イベントレポート】OKUDAIRA BASE 奥平眞司さんトークショー

 
広島 蔦屋書店 西林 亜子
島津 美穂
 
 
10月17日(日)広島 蔦屋書店にて、YouTuberの奥平眞司さんのトークショーが開催されました。
 
8月6日(金)~9月25日(日)まで、弊店2号館にて、奥平さん監修の暮らしの道具「ki duki」とともに、著書である『OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住』をご紹介するフェアを企画していました。
私と奥平さんの動画の出会いは、2020年に初めて緊急事態宣言が発令された時でした。家事に楽しんで取り組まれている姿がとても印象的で、暮らしは自分の心の持ち方次第でいかようにも変えることができるんだなと、それまで閉塞感を感じていた自分の目の前がパッと開けたような気がました。
YouTubeだけではなく、直接奥平さんのお話を聞きたい。その願いが叶い、今回のイベントを開催することができました。
当初はフェア期間中にトークイベントを実施する予定でしたが、全国に緊急事態宣言が発令されたため、やむなく延期することとなりましたが、9月末で宣言も解除され、晴れてイベントを開催できる運びとなりました。
 
初めて奥平さんにお会いしましたが、いつもYouTubeで拝見しているからか、全く初対面の気がしませんでした。勝手に親近感を抱いている私と島津にも関わらず、優しく接してくださる奥平さん。
話しやすくて、いつも笑顔を絶やさず、気遣いのある優しい方、YouTubeの画面から伝わってくる印象そのままでした。

トークショーは、事前にオフライン、オンラインの参加者様から募集した質問を基に進行しました。
奥平さんからは事前に、何でも質問してOKです。との頼もしいお言葉をいただいていたので、YouTubeでは見ることができない奥平さんの素顔に迫ることができたのでは…と思っています。
 
 
 
【幼少時代~学生時代 愛知県でのこと】
まずは、生まれ育った愛知県のご実家でのことをお尋ねしました。
4人兄弟の長男(全て男兄弟だそうです)としてお生まれになりました。
学生時代は、理科、美術、体育がお好きだったそうです。理科は実験が楽しく、美術は絵を描くということに興味があったそう。体育は今でもランニングやスキムボードを趣味としていらっしゃるほど、体を動かすことがお好きだからとのことです。
意外にも、委員長などに立候補されることが多かったそうです。その理由は、委員決めの時、誰も手を挙げず、シーンとしていることに耐えられなかったとのこと。優しい奥平さんの一面をまた垣間見ました。
ご実家のたこ焼き屋さん(おくたこ)についてもお伺いすることができました。
高校生の時に、庭の芝生部分に突然コンテナが出現したとのこと!ご両親が子どもには、相談なしにたこ焼き屋さんを始められたそうです。それからお母さまが練習を重ねられて、3か月後に無事にオープン。現在でも地元の方が通う人気店です。
4人兄弟なので、一人部屋を持つことができず、一人の空間が憧れだったとお話しいただきました。
二段ベッドを工夫して何とか自分だけの空間を作り出そうと試行錯誤していたそう。その頃から一人暮らしには憧れがあり、大学進学時には、一人暮らしをしたいからという理由で、県内で一番遠い福祉系の大学を希望し、見事合格。晴れて一人暮らしを始められたそうです。その頃、流木を使っての部屋のDIYに勤しんだとのこと。今の奥平さんを作った核の部分をお話してくださいました。
 
 
【今の生活、二人暮らしについて】
YouTubeでは、2019年頃から、視聴者さんから良い反応がもらえているとの手ごたえを感じていたそうです。
動画に登場する回数が最も多い、料理についてたくさんご質問をいただきました。
最近ときめいたことは何ですか?という質問にも、研いだばかりの包丁の切れ味が良かったことという答えをいただいたほど、料理がお好きな奥平さん。
小学校の頃、卵焼き用のフライパンを買ってもらったことをきっかけに、料理が好きになったそうです。一番重点を置いているのは、包丁などの道具にこだわるということ。
調理中はもちろん、片付けなど、手入れも楽しくなるそうです。
これは私も聞きたかった質問ですが、食事の支度が億劫に感じる時はどうしていらっしゃいますか?という質問。お惣菜を買って済ませることなどはないそうです。
簡単にできる料理のレパートリーをいくつか持っておくと良いですよとのアドバイスをいただきました。
疲れていても料理をすることでストレスが発散されるそう。美味しそうに食べてくれる人がいるというのも、モチベーションになっているのかもしれません。
毎日買い物に行くということもなく、まとめて買った食材で、日々の献立を考えるとのことでした。もう完全に主婦の域ですね。

YouTuberでミニマリストのmamiさんとの築50年のおうちでの二人暮らしについては、多くの質問が寄せられました。
YouTubeでは、語ったことがないんだけど…と照れながらお話してくださったのは、mamiさんとのなれそめのお話。
mamiさんがOKUDAIRA BASEを見ている動画をたまたま目にし、嬉しくてメッセージを送ったとのこと。そうしてやり取りが始まり、今のお二人があるそうです。
視聴者さんからは、とても温かいコメントをいただいているとのことです。
ご自分の苦手な家事である、掃除や収納などはmamiさんが得意で、mamiさんが苦手な料理はご自分が得意とする家事であること。そのためか自分の時間が以前よりとれるようになったとお話してくださいました。
お二人で生活する上で一番大切にしていらっしゃることは、あまり深く入り込まないようにすることだとゆっくりと語ってくださいました。
お二人それぞれの時間をもつこと、それが一緒に生活をする上で大切なことかもしれません。
もしも、これから飼うなら猫、もし車に乗るなら、アウトドアでコンパクトな車かな…なんて、これからの生活も楽しそうに語ってくださいました。
 

【オンライン参加者の方からの質問】
オンラインでご参加の方からも多くの質問が寄せられました。
「奥平さんがデザインをされる上で、根幹となっている人物、映画、書籍について教えて欲しい」
こちらの質問には、建築家の谷尻 誠さんの名前を挙げて、谷尻さんが設計された広島市、八木にある住宅「未完成の家」を例に挙げてお話をしてくださいました。
奥平さんが、デザインをする上で大切にしていることは、見かけだけではなく、機能性を一番大事にしているということ。長く使ってもらえるかどうかということをまず考えてデザインに取り組んでいるそうです。
「SNSでのレスポンスが早いが、利用のルールなど自分で決めていることを教えて欲しい」
こちらの質問には、SNSはあまり見すぎないようにしているとのご返答をいただきました。夜10時以降~朝ご飯を作るまで見ないなど、ご自分で決めていらっしゃるそうです。
 

【フェアで展開していた、奥平さんおすすめの書籍について】
8月6日(金)~9月25日(日)まで、【OKUDAIRA BASE 自分を楽しむ衣食住】フェアにて、奥平さんのおすすめコメント付きで書籍を展開していました。
その中でご好評をいただいた3冊につきまして、イベントではお話しいただきました。
 

『1000%の建築』(エクスナレッジ)1,980円(税込)
奥平さんの尊敬する建築家、谷尻誠さんの書籍です。
デザインに興味を持ち始めた大学生の頃、出会った本で、谷尻さんの考え方や発想に
とても影響を受けたとのことでした。
こちらの本は現在絶版となっていますが、『1000%の建築 つづき』という続編が
出版されています。
 
『働く台所』(エクスナレッジ)1,760円(税込)
ご自分のキッチンのイメージを膨らませたいとのことで、手に取った『働く台所』。
使い込んで深みが出た13人のまさしく働く台所の写真が収められています。
光が差し込んだ具合など、写真がとにかく素敵なんですと語る奥平さん。
ご自身のあのキッチンは、こちらの書籍にインスパイアされているのですね。
 
『からだにおいしい野菜の便利帳』(高橋書店)1,430円(税込)
こちらの本は『OKUDAIRA BASE』に続く人気の本でした。
野菜を美味しく食べるために、レシピはもちろん、産地や新鮮なものを選ぶコツ、保存方法なども、野菜別に記載してあります。
野菜を知ることで料理がもっと楽しくなりますよ。とお話いただきました。
 

【ご自身が監修された道具、「ki duki」について】
8月に発売されたuku(グラス)の反響は?との質問に、想像よりも上でした。と嬉しそうに語ってくださった奥平さん。反響は今でも続いており、次回入荷は来年1月頃を予定されているそうです。
どうしてそんなにひらめくんでしょうか?とのご質問には、アイデアはすぐに生まれる訳ではない、普段から不便に感じていることを心に留めておき、それを形にしていく作業だとおっしゃっていました。
最近アップされている動画に、よく登場している道具についてもお尋ねしたところ…
なんと!発売前の新商品を本イベントで初めてご披露いただきました。
 
 
「eda」と素材を同じくした木のヘラ「kuki」野菜を炒める時などにお使いくださいとのことでした。
調理中に置いた時、ヘラの先についた食材や、調味料がキッチンのシンクにべちゃっとつくのが嫌で、kukiは少し浮くようになっているんですよ。とこだわりのポイントを教えてくださいました。
発売日はまだ未定だそうですが、11月上旬になるかとのこと。
皆さん、発売を楽しみに待ちましょうね。
 
kukiは現在好評発売中です。是非「eda」と一緒に使ってみてください。
 
 
【これからのOKUDAIRA BASE】
そして、皆さんから寄せられた質問で最も多かった質問にお答えいただきました。
「これからの目標は何ですか?これから挑戦したいと思っていることって何でしょうか?」
 
ご自身監修の道具、「ki duki」のデザインに専念し、道具をもっといろんな方に使ってもらうことだと語ってくださいました。
YouTubeで暮らしぶりを発信することはできるが、良い道具を使った感動は実際に使ってもらわないとわからない。奥平さんは、良い道具を使うことで暮らしが楽しくなったそうです。その喜びをもっと多くの人に伝えたいとのことでした。
 
イベントの最後に、奥平さんから、参加していただいた皆さんへ向けて、暮らしのエールを送っていただきました。
丁寧な暮らしなど、お手本はたくさんありますが、無理をせず、日々の暮らしを自分らしく楽しんでください。とのこと。奥平さんは楽しむことで、嫌いだなと思う家事もだんだんと好きになったそうです。
そしてなんと!
本イベントの途中で、奥平さんのご友人で、YouTuberでいらっしゃるTAKASU TILEの高須さんにスペシャルゲストとしてご登場いただきました。
これには奥平さんも驚かれた様子…
3日後に京都でお会いになる約束をされていた高須さんがいきなり登場されたのですから。
 
 
高須さんはその時の様子をYouTubeにアップしてくださっています。
https://www.youtube.com/watch?v=AyqCnKhqY3E
高須さん、本当にありがとうございました。
 
 
 
尽きることがない会場からの質問にも、最後まで笑顔でお答えいただいた奥平さん。
終了後のサイン会では、お一人お一人と写真を撮ってくださったり、その優しい雰囲気にますます魅了された方も多くいらっしゃったことと思います。
 
 

 
 
奥平さんは後日、広島尾道を訪れた時の様子をYouTubeにアップしてくださいました!
奥平さんの目から見た広島、尾道の姿が、広島で暮らしている私にも新鮮に映りました。
もちろん広島 蔦屋書店、広島T-SITEの様子も収録されています。是非ご覧くださいませ。
https://www.youtube.com/watch?v=aZvwvcQWVGo

また書籍を出版されるご予定がある…!とのこともお知らせいただきましたので、出版の折には、是非またイベントを企画したいと思っています。
その際には、またご参加を心よりお待ちしております。
奥平さん、本イベントに力をお貸しいただいた皆様、ご参加の皆様、ありがとうございました。
 
 

 
 
奥平 眞司(おくだいら まさし)
YouTubeチャンネル「OKUDAIRA BASE」主宰。
愛知県ご出身。福祉系大学卒業後、桑沢デザイン研究所夜間部にて、空間デザインを学ぶ。料理やDIY、もの選び、整理整頓、家族や友人を招いてのおもてなし、一人キャンプや旅行など自分の時間をとことん楽しむ方法をYouTubeにて配信。動画制作、キッチンツール(ki duki)のデザインも行う。
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト