include file not found:TS_style_custom.html

【イベントレポート】奥平眞司『OKUDAIRA BASE 春夏秋冬の暮らし方』トークショー

 
広島 蔦屋書店   島津美穂
西林亜子
 
10月1日、『OKUDAIRA BASE 春夏秋冬の暮らし方』刊行を記念し、暮らし系ユーチューバーの奥平眞司さんのトークショーが開催されました。
昨年に引き続きの広島でのイベントだったので、参加者の皆さんと「おかえりなさーい」でお迎えし、前日入りの宮島の話を聞きながら、和やかなトークショーの始まりです。
 
 

 
まずは、クラフトコーラで乾杯!
今回の書籍にも掲載されているクラフトコーラのレシピで、なんと奥平さん自身がその日の午前中に広島 蔦屋書店1階にあるキッチンにて作ったものです。
その時の画像を見ながら、一緒に美味しくいただきました。
 
 

 

まずは、『OKUDAIRA BASE 春夏秋冬の暮らし方』についてお話されました。
2年4か月ぶりとなる今回のテーマの二人暮らしを始めたおうちでの1年間の暮らしについて
「1冊目ができてすぐお声がけいただき、読んでくれる人が楽しめるようにちょっとずつ考えてきました。前回は朝昼夜という軸だったのですが、1年を通して春夏秋冬の時間軸でちゃんと伝えたいと思いました。道具も増えたので道具についても読んでもらいたいです。」
とのこと。
 

一番気になり、一番奥平さんらしいなと思うことは、不便を楽しむ暮らし方です。
どのように不便をとらえているのかというと
「不便とは、使いづらい、手入れが大変ということだと思います。昔から古いものが好きで、それはリサイクルショップで働いていたことからきているのかもしれません。磨いたり手間がかかることで触れる時間が増えると楽しくなるんです。」
後半には
「ちょっとでも使ってみて不便だけど、手を加えたくなる、想像が膨らむものが好きです。」
とお話しされました。古民家に住み、古いものを慈しみながら暮らす奥平さんを見て、私たちはなぜか癒され優しい気持ちになります。無理なく自分の好きなことを続けるのは、考え方ひとつかもしれません。
 
 
mamiさんとの関係は、お互いを思いやって暮らしていることが、お話の端々から伝わってきます。
中でも出版元の誠文堂新光社さんから伺った
「ライターさんが、毎日朝早く電話取材をしていました。奥平さんはmamiさんを気遣い家ではなく、近くの公園で電話をされていたということに感動しました。」
というお話に
「さすがに申し訳ないなと思い、隣の見晴らしのいい公園で取材を受けていました。」
とサラッと言ってのける奥平さんに会場にも感動の波が。おふたりのお話の時は、みなさん温かく見守るように耳を傾けていたように思います。
 
 
他にもおもてなしや料理のレシピ、イモトアヤコさんのお話など、中には本には載っていないお話も聞くことができました。
 
続いて、奥平さんがデザインする道具「ki duki」を商品化しているCORESから勝山さんと赤石さんがお話しされました。「ki duki」の商品には、最近発売されたtoriというメジャーカップやeda(木の計量スプーン)、uku(グラス)などいろいろあります。
奥平さんは
「道具を使って何かに気付いてもらえたら。道具ひとつでどんどん広がる暮らしの楽しさを感じてもらいたい」
という思いでデザインをしているそうです。
勝山さんと赤石さんは、一緒に仕事をしている奥平さんのことを
「温かさにあふれている方です。周りの方々に対して敬意と感謝の気持ちを忘れずに丁寧に向き合っていらっしゃる。」
とお話しされ、またさらに奥平さんのお人柄、センスのよさを感じました。
チーム一丸となって暮らしの中に溶け込むよい道具を作っていくとのことでしたので、これからもどんな道具ができるのか楽しみでなりません。そして、CORESのおふたりから、コーヒー rhythmの試飲とお香 kumoのお試し品のお土産もあり、参加された方には、とても喜んでいただけました。
 
最後に会場の方からの質問がありました。
「快適な部屋を作る上で心がけていることは?」
なんと中学生の男の子からでした。
「あまり置きすぎないこと。そうすると集中できるしキレイに見えます。人それぞれだけど、ひとつひとつのものをこだわって置いてます。」
と丁寧に答えられました。将来、彼が古民家に住みたいと言った時にはさすがの奥平さんも驚いたようです。
 
 
 
 
サイン会には長い列ができましたが、途中コーヒーを飲みながら参加者の方々がほっこりお話をされていたり、「ki duki」の道具を手にとられていたり、とても優しい雰囲気に包まれていたように感じました。誠文堂新光社さんからは、書籍に使われた生写真のお土産がありました。笑顔で帰って行かれる方々に企画した私たちも癒されました。
イベントは2回目でしたが、また新しい広島を発見してくれることを期待しています。(ユーチューバーである奥平さんは、前回は尾道、今回は宮島の動画をあげています。とても美しい映像で、住んでいるわたしたちも誇らしくなります。全国のみなさんに伝わることがとても嬉しいです。)そして奥平さんの進化する暮らしの楽しみ方をまた生で聞き、暮らしがより豊かに、より自由になる考え方を身に着けることができれば、と思いました。
 
 
一覧に戻る

STORE LIST

ストアリスト