【広島 蔦屋書店】ユーモア上手に学ぶ

フェア・展示
1号館1F 2020年02月20日(木) - 04月13日(月)

 

ハハハと笑っておおらかに

 

 

子どもにガミガミ言いながら、いつも自分が嫌になる。

だって全然響いてないし、聞いている子どもの表情なんて弛緩しきっているんだもの。

まさに、耳を右から左に通り抜けていく私の小言。子どものためを思って必死なのだけど…伝わっていない。

 

そんなとき、いつも浮かんでくるのは「正しいけど、優しくない」という言葉。重松清さんの小説で出会い、ずっとずっと心に刺さっている。

 

そう、言い方なのだ。

メッセージの届け方なのだ。どうやったら相手に伝わるのだろう。

 

岸本佐知子さんが雑誌でおっしゃっていた。

ユーモアをまぶすことで、思いや主張を、より多くの人に、より広く、より遠くに届けられる、と。

 

なるほど、まったくもってそうだ。正攻法でいっても反発しか生まないだろう。

そこでユーモアの登場だ。

相手をぷっと笑わせ、緊張を解き、柔らかくなった心にジワリと染み込ませるのだ、伝えたいメッセージを。

 

というわけで、ユーモア使いのプロたちから、ユーモアの扱い方を、コミュニケーション術を学ぶべく、本を集めました。

 

 

 

 

楽しくなってきて、パロディで「ユーモア」の取扱説明書も作りました。

注意事項を考えながらニヤニヤ。

実際のエアコンの取扱説明書を参考にしたので「異常に熱い」「漏電」なんて表現を引用して、もじってみたり…。(言わなきゃ分かってもらえないでしょうが)品番をよく見てみてください。我々のおふざけが透けて見えるはずです。

 

選書や文言を考えている間、とても愉快でした。

そこで改めて思うのです。

 

しかめっつらでいてどうする。周囲を凍らせてどうする。

 

ハハハと笑って、そしておおらかに主張していこうではありませんか。

 

 

>トップページへ

 

  • 期間 2月20日(木) - 4月13日(月)
  • 場所 1号館1F

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト