【広島 蔦屋書店】古布を継ぐ

フェア・展示
1号館1F 2020年04月17日(金) - 06月04日(木)

 

紫外線が気になってくる季節、古布から作られた日傘を差し、娘と買い物に出かける。

なかなか休みが合わないものだからたまに休みが合うと「その日は着物を着て出かけよう!」とあっという間に楽しみが1つ増える。

 

 

私は祖母からもらった紬の単衣、娘は私のお気に入りだった麻の単衣を着る。

お洒落に着こなす娘に感心しながら、受け継ぎ受け継がれていくことへ想いを巡らせる。

自分のためだけに仕立てられた新品の着物も素敵だけど、たおやかに時代を重ね人から人へ受け継がれてきた着物は、優しく、そして豊かだ。

そこが古布の魅力。

ものを大切にしてきた古き良き日本の伝統美。

 

 

 

【お取り扱いブランド】

らぐたいむ(着物、帯)

白島の川沿いの公園横にひっそりと佇んでいるお店。アンティークから現代物まで幅広く取り揃えられています。

 

Kanori

一つ一つ手縫いでつけたビーズと、着物生地との組み合わせで物語を感じるアクセサリーを作っています。

 

atelier Naragasiwa

一年の半分は藁を扱い、残りの半分は着物の古布やヴィンテージ布の活用など、リメイク材料を使うことにこだわっています。

古布から作られたベレー帽や日傘は着物にはもちろん、洋服にも似合うデザインです。

 

 

>トップページへ

 

  • 期間 4月17日(金) - 6月4日(木)
  • 場所 1号館1F

RELATED EVENT

STORE LIST

ストアリスト